薬剤師向け勉強会・セミナー・イベント情報メディア「Pharmet」

薬剤師の未来をつくる

無料で開催を告知

個人・法人に限らず、薬剤師向けの勉強会・セミナー・イベント・Meetupを開催したい人が、専用の告知ページを無料で作成できます。

薬剤師同士が繋がる

勤務先以外の薬剤師と繋がることができます。小人数限定の勉強会やMeetup(懇親会)でもOK! 積極的に参加・主催してみましょう!

開催予定の薬剤師向け勉強会・セミナー・イベント

地域や患者さんのための薬剤師勉強会などに参加してみよう!

グローバルな視点で医療を考えよう!

「誰一人取り残さない(leave no one behind)」を誓って、持続可能な開発目標(SDGs)が2015年9月 の国連サミットで採択されました。価値観や文化の違いを認め合い、誰もが安心して生きられる社会のなかで、医療はどのように取り組み関わっていけばよいのでしょう。 今回は、福祉国家フィンランドの社会と医療から誰もが活躍できるダイバシティをとりいれた社会について森屋淳子先生より、タイのモデルからSDH(健康社会的決定要因)についてグローバルな視点で武田先生より、ご講演いただき医療を考えます。

オンライン・Webセミナー

711
日曜日

地域包括ケアシステムにおける薬物治療学~薬剤師が実践する疾病管理~シリーズ2 慢性閉塞性肺疾患(COPD)

COPDは、タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入暴露することで生じる肺疾患です。COPDは、完全には正常化しない疾患ではありますが、薬物療法は、呼吸困難の抑制や増悪の予防に効果があり、患者さんのQOLを改善させます。患者さんに寄り添う支援を推進するため、標準治療を学び、薬学的管理について討議しましょう。

オンライン・Webセミナー

78
木曜日

multimorbidity(マルチモビディティ:多疾患併存)の診療 ~ポリファーマシー、薬剤調整を超えて~

multimorbidity(マルチモビディティ:多疾患併存)は「最も頻度の多い慢性疾患」と呼ばれ、プライマリ・ケアの現場では最も新しい話題、また研究テーマです。今回はプライマリ・ケア領域で仕事をする上で知っておかなければならないmultimorbidity(マルチモビディティ:多疾患併存)の概念、対応の方法、ポリファーマシー対応の、先をいく対応まで、最新の知識を紹介し、症例検討を通じて理解を深めます。

オンライン・Webセミナー

620
日曜日

挑戦!論文執筆に向けた調査研究 ~研究報告という“着地点”からみた調査研究~

調査をしたら、その後必ず行うのが“報告”。報告書や論文などといった形で社会に成果を還元するまでが研究ですよね。今回は、日頃調査研究論文の執筆サポートをしたり、論文の査読に携わったりする者の視点から、主に質問紙調査の実施・分析・報告に焦点を当ててお話します。調査研究の実施や報告の基本的な対応方法やトラブル対処法などについて、参加者同士で学びを深めていきましょう。

オンライン・Webセミナー

620
日曜日

高齢者における医薬品適正使用とポリファーマシー

ポリファーマシー問題の背景には患者層の高齢化と多病(multimorbidity)がある。したがって、いくら学会や国の関連指針が整備されても、高齢者の特性を理解し、それを踏まえたmultimorbidityの管理をしなければポリファーマシーの改善や処方の適正化はおぼつかない。講義では、高齢者の特性とmultimorbidityへの向かい合い方を概説し、厚労省で作成しているポリファーマシー対策の業務手順書など、最新の情報も提供したい。

オンライン・Webセミナー

620
日曜日

臨床医から見た遺伝子パネル検査のメリット・デメリット / がんゲノム医療に向けた創薬研究

最近では遺伝子パネル検査を保険診療で実施可能な施設も増えており、条件がそろえば、保険診療ならびに研究として検査を実施可能な環境となりつつある。患者さんにとっては、この検査を受ければ自分にぴったりのがんを治せる、夢のような検査であると過剰な期待を持つ方もいるため、検査の限界の説明には医療者にとってのストレスとなることもある。また、せっかくの検査を受けて、期待の持てる遺伝子変異が同定されても、治験登録申請の際にはすでに治験が終了していることもある。治療法の選別のために患者自身のために実施した検査であるが、中にはその遺伝子の変異が高確率で遺伝性腫瘍であることも分かってくることもあり、家族への配慮も必要になるなど、様々な問題を抱えている。 新薬開発研究において、がん患者から樹立された培養細胞を用いたスクーリング・非臨床試験が行われてきた。しかしながら、樹立細胞株は、何世代にわたり培養されていることから、腫瘍特性が維持されていない可能性が指摘されている。近年、がん患者から採取された腫瘍細胞をマウスに移植する患者腫瘍組織移植(Patient derived xenograft: PDX)に期待が集まっている。PDXモデルは、患者のがん組織の生物学的特徴とゲノム情報を保持できるため、前臨床研究における PDXモデルマウスの利用が進められている。本講演では、がん治療研究における患者の代替として非臨床研究で再現する PDXマウスを用いた創薬開発のパラダイムシフトを概説し、個別化医療にむけた国立がん研究センターでの取り組みについて紹介する。

オンライン・Webセミナー

613
日曜日

医師の立場から考える医薬連携のコツ ~トレーシングレポートの活用術 / トレーシングレポートは医師との連携ツール

まだまだ多くの医師は、薬剤師の仕事は処方した薬を処方箋に従い正確に調剤し、服用についてきちんと説明して渡すことであると思っている。最近はやっと薬剤師が薬に対する知識を持っているだけでなく、患者の状態を把握していて、患者に合った薬剤投与へのアドバイスが十分可能であることを認識するようになってきた。 しかし、医師が薬剤師を本当の医療のパートナーとして認識するためには、薬剤師の能力を医師に示すことが必要であり、そのために薬剤師からのメッセージ(トレーシングレポート)が極めて有用である。 本講演では、代表的な臨床例に、医師が薬剤師に望んでいることや薬剤師が医師に伝えるべきことを解説することで、トレーシングレポートが薬剤師の地位を高め、信頼を得るために極めて重要な手段であることをお伝えしたい。 服薬情報等提供書(トレーシングレポート)とは、疑義照会とは違い、緊急性・即時性は低いが患者の薬物療法の有効性・安全性に必須な情報を得た場合に、薬剤師が医師へ、その情報を伝えるためのツールです。 患者は、なかなか医師の前では本音が話せず、飲み忘れや服薬への不安などについて話すことをためらいがちです。処方医が把握しにくい患者の情報を薬剤師から情報提供することにより、医師が次回の処方を考える際に役立てることができます。本講演では、多忙な医師に読んでもらえ、医師との協働が可能になるトレーシングレポートの書き方について考えましょう。

オンライン・Webセミナー

66
日曜日

地域連携薬局・専門医療機関連携薬局に求められること

2019年12月に公布された改正薬機法においては、保険薬局に係る3つのポイントがあります。 ①継続的な服薬状況の把握及び服薬指導の義務化 ②テレビ電話等による遠隔服薬指導の導入 ③「地域連携薬局」及び「専門医療機関連携薬局」の導入 2020年9月の①、②に続き、2021年8月に③の薬局認定制度が始まります。 この認定制度では「住み慣れた地域で患者が安心して医薬品を使うことができる環境を整備するため」という改正の趣旨に基づき、機能別に「地域連携薬局」と「専門医療機関連携薬局」が導入されます。 これらの認定薬局については、2015年に示された「患者のための薬局ビジョン」が基本的な考え方として背景にあり、保険薬局の目指す在り方として捉えることもできます。 保険薬局を取り巻く環境は大きな変革期の最中にあり、時代に適合し、変わり続けていくことが求められることが想定されます。 そこで、それぞれの認定薬局が具体的にどのような機能を備えるべきなのか、「地域連携薬局・専門医療機関連携薬局に求められること」と題しまして、無料オンラインセミナーの開催を決定いたしました。 以下の詳細をご確認いただき、ぜひお気軽にお申込みくださいませ。

オンライン・Webセミナー

526
水曜日

薬剤師の視点からみた救急外来部門における感染対策 ~渡航者への対応も含めて~

救急外来部門は感染症に対する曝露リスクの高い部門といえる。そのため、救急関連および感染関連の 5 学会が合同で「救急外来部門における感染対策チェックリスト」を作成した。チェックリストでは、管理体制や患者対応の方法などが示されているため、各医療機関の実情に合わせたマニュアル作成の一助となる。近年は諸外国からの旅行者が増加しており、世界のあらゆる国や地域から感染症が持ち込まれる可能性がある。特に、7 月から 9 月にかけてはオリンピック・パラリンピックという国際的なイベントが予定されており、多くの外国人が日本を訪れることが分かっているため、事前の準備や対策をしておくことが求められる。 本講演では、薬剤師が救急外来部門での感染対策において、どのような役割を果たせるかという視点を通して、調剤薬局等においてもどのような対策ができるか皆さんと共に考えていきたい。

オンライン・Webセミナー

523
日曜日

がんゲノム医療におけるチームアプローチと遺伝カウンセリング

がん領域においては、分子レベルでのがんの発生機序の解明と共に、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬の開発が急速に進んでいる。遺伝子バリアントに基づいて診断・治療を行うゲノム医療の実装化が進み、個別化医療が推進され、コンパニオン診断やがん遺伝子パネル検査が保険医療として実施されるようになった。 ゲノム情報の活用では、その意味や意義を理解した上で意思決定していくことが大切であり、ゲノム医療を担う多職種の人材育成が急務とされている。また、遺伝に関わる情報が潜在することから、その不変性、予測性、共有性といった特徴に関する情報提供や、支援体制の充実が不可欠である。がんゲノム医療におけるチームアプローチと遺伝カウンセリングの現状と課題について述べる。

オンライン・Webセミナー

522
土曜日

地域包括ケアシステムにおける病診薬連携の在り方

地域包括ケアシステムの構築に向けて、病床機能の分化・連携及び在宅医療の提供は重要であり、地域医療構想の実現が必要とされています。また、地域完結型医療の体制確保によって、入院前から退院後を見据えた切れ目のない医療の提供が求められています。本講演では、地域包括ケアシステムにおける薬剤師の役割について、保険薬局と病院の連携した事例や取り組みも交えて解説いたします。

北海道

521
金曜日

薬剤師お役立ちコラム

スキル向上のため薬剤師勉強会やセミナーを開催してみよう!

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

WebセミナーやWeb勉強会を開催したい方に向けて、無料でビデオ通話ができるツール「Googleハングアウト」の使い方についてご案内します。当サイトでは、Webセミナーと呼んでいますが、その他の呼び方として「オンラインセミナー」「ウェビナー」とも呼ばれます。Webセミナーのツールは、オンラインミーティングにも代用できるので、今後のIT化や遠隔服薬指導などに向けて学んでいくべきツールになります。

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

今までに開催された薬剤師の勉強会やセミナーのテーマや演題を集めてみました。テーマに沿って勉強会が進められる場合と、大まかなテーマがあり発表者側に演題内容が委ねられている勉強会もあります。集めたサンプルの中で、自分でもできそうなテーマや演題を探して勉強会開催の参考にしましょう。

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

薬剤師向けの勉強会やセミナーを開催するには、会場が必要となってきますが、勤務先の薬局に十分な広さがなかったり、勤務先の薬局と関係ないグループの勉強会の場合は、薬局を会場にするのが面倒な時もあると思います。今回は、レンタルスペースや貸し会議室などで勉強会を開催する方法についてご案内します。

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

薬剤師の勉強会やセミナーを開催するにあたって、申し込みの手間が掛かることがあります。従来は、FAXや電話連絡で申し込みをしていたのですが、Googleフォームを使えば、WEB上で簡単に申し込みページを作成することができます。勉強会やセミナーに申し込みをしたユーザーは、Googleスプレッドシートで管理できるので、個人情報の管理も最適です。

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

薬剤師ピックアップニュース

薬剤師向けニュースを各メディアからピックアップ!

薬剤師が集団接種支える 医療従事者負担減へ旭川市内で研修会 注射器充填法学ぶ

旭川薬剤師会は、市内で5月中旬にも高齢者から接種が始まる新型コロナウイルスワクチンの集団接種業務への協力を決め、薬剤師向けの研修会を開いた。薬剤師が注射器にワクチンを入れる「充填(じゅうてん)作業」などを代わりに担い、医療従事者の負担を減らす。 市内の新型コロナウイルスワクチン接種は、約100医療機関が担う「個別接種」と、土日・祝日に市総合防災センターなど3カ所で開く「集団接種」などを組み合わせて行う。

  • 2021年4月27日
  • 北海道新聞

熊本の薬剤師が考案した「ふりかけ」は、カルシウム不足の救世主【自炊に疲れたアナタへ】

ごはんを炊いて、ササササー。 ラクチンでおいしくて栄養もとれる「ふりかけ」は、まさに現代が誇るべきイノベーション。 そろそろみんな、おうちでごはん作るのに飽きてますよね? もう、“ふりかけごはん”でよくないですか。ふりかけごはんでいいですよ。人生、ほどよく手を抜くのは大事です。 それにイマドキのふりかけをなめてはいけません。このシリーズを最後まで根気よく、粘り強く追いかければ、人生を狂わせるような「マイベストふりかけ」に出会ってしまうかもしれません(全12回の予定です。あきらめないでついてきてください)。 一つ目は、日本のふりかけの元祖と言われている「御飯の友」。

  • 2021年4月23日
  • TABI LABO

アートな薬局 商品は全てフェルト生地 英・ロンドン

特効薬ではないが、薬局で人気。 イギリス・ロンドンの薬局で、白衣を着た女性が商品を並べている。 棚を埋め尽くしている商品は、すべてフェルト生地でできている。 化粧品や日用品のほか、今では生活に欠かせなくなった除菌グッズも、すべて手縫い。 その数、およそ1万5,000点。 4,500円から2万円ほどで販売されていて、検査キットや注射器など新型コロナウイルス関連のものは現在、売り切れ状態だという。 作者の女性は、「普段、薬局は『落ちつく場所』ではないけれど、作品を通じて、ほっこりしてほしい」と、1年かけてこの展示即売会を実現したという。

  • 2021年4月20日
  • FNNプライムオンライン

ココカラファイン、調剤薬局83店舗が厚労省が定める「健康サポート薬局」に適合

ココカラファインが4月9日、2021年3月末日時点で、ココカラファイングループの調剤薬局83店舗が「健康サポート薬局」に適合となったことを発表した。

  • 2021年4月12日
  • ダイヤモンド・チェーンストアオンライン

薬剤師のヒーローが日本の医療を救う!?

Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会の実現に向けたビジョン「空間×ヘルスケア 2030」を提案し、それを具現化するためのプロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を進めている(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。そのテーマの一つが、未来の薬局「Beyond Pharmacy」だ。 昨今、自動化・機械化が進む薬局業務。医師の処方箋通りに薬を袋に詰めて、説明とともに交付するという薬剤師の仕事の大半は、近い将来、ロボットに置き換わる日も遠くないとみられる。そんな中、薬局の薬剤師は何をなすべきなのか。 今回取り上げるのは、福岡県を中心に100店舗以上展開する大賀薬局(本社:福岡市博多区)。薬剤師の「専門性」を発揮する職場づくりに努め、いまや全国区となった薬剤師のヒーローまで誕生させた。その狙いと今後の展望について、代表取締役社長の大賀崇浩氏に聞いた。

  • 2021年4月12日
  • 日経BP

薬剤師100人に聞いた薬局が生き残るために必要な条件

新型コロナウイルスの感染拡大により、新しい生活様式が模索されている。そんな中、調剤薬局はどのようなサービスを提供すべきなのだろうか? 合同会社スマスタではこのほど、薬剤師の転職情報メディア『ハッピーファーマシスト』にて、就業中の薬剤師106名を対象として、「調剤薬局の将来性についてのアンケート」を実施。その結果、超高齢化社会による在宅対応の重要性はもちろんのこと、コロナ禍によりオンライン対応やセルフメディケーション(OTC販売)を重要視する意見が多く見られた。

  • 2021年4月10日
  • @DIME

待たせません「ロボット薬局」 すぐさま準備し処方

医師が端末に処方箋を打ち込むと、薬局にデータが送信され、ロボットが薬を選び始める-。そんな日本初の「ロボット薬局」が、大阪・梅田にある。このロボットを共同開発した神戸市灘区の薬局運営会社「メディカルユアーズ」が、年内にも神戸市内に同様の薬局を開設する計画を進めている。社長の渡部正之さん(43)は、ロボットが薬剤師の役割を代替するのではなく、単純労働から解放し、専門性を生かせる時間を生むと強調する。

  • 2021年4月10日
  • 神戸新聞NEXT

使わなくなった絵本やおもちゃ 薬局が「回収箱」を設置 「思い出の品」を捨てずに活用 名古屋市・緑区

「地域に住む若い家族や子どもたちの役に立ちたい」と、名古屋市緑区の薬局が、使わなくなった絵本やおもちゃを譲り受け、地元の幼稚園などに寄付する取り組みを始めました。設置した「回収箱」には、持ち主の思い出が詰まった絵本がたくさん集まっています。 3月末に「絵本・おもちゃ回収箱」を設置したのは、名古屋市緑区の「キョーワ薬局南大高店」。 いらなくなった絵本やおもちゃを持ってきてもらい、保育園や幼稚園などに寄付しようと始めました。

  • 2021年4月9日
  • Yahoo!ニュース

【リーダーはつらいよ】「地域で薬剤師が能動的に医療に携わる仕組みを全国に広げたい」hitotofrom・松岡光洋さん

少子高齢化が加速する日本、深刻な持病や疾病を抱えて家族や介護人もいない、独居暮らしで支援も少ない高齢者は増える一方だ。調剤薬局に薬を受け取りに行けない患者も増加する中、そんなニーズに迫られ誕生したのが、おそらく日本で初めての患者の自宅に薬を届けるベンチャー企業だ。  株式会社hitotofromまんまる薬局 代表取締役 松岡光洋さん(35)。会社の設立は2018年2月。板橋区、練馬区、豊島区、中野区を中心に現在、患者数500人ほど、その数は増加している。薬剤師とボランチと呼ばれるそのサポート役の2人一組で、月に1300軒ほど患者の自宅を訪問し、薬を届けている。プロのサッカー選手、北九州のクラブのボーイを経て、8年間の調剤薬局での事務員。そんな経歴を持つ松岡さんは、自ら行動する能動的な薬局を目指し、訪問薬剤サービスという新しいビジネスモデルを実現していく。

  • 2021年3月30日
  • @DIME

「旅する薬剤師」プロジェクト始動 大阪出身西井さんら魚津で3日間勤務

薬剤師免許を持つ富山県外の女性経営者らが24日までの3日間、富山県魚津市江口の病院、魚津神経サナトリウムで働き、「旅する薬剤師」プロジェクトを本格始動させた。新たな働き方を探る都市部の薬剤師と、薬剤師不足に悩む地方の薬局をつないでいく。

  • 2021年3月24日
  • Yahoo!ニュース

ヤマト運輸/遠隔診療での調剤薬局の業務を効率化

ヤマト運輸とインテグリティ・ヘルスケアは3月4日、コロナ禍で急速に広がる遠隔診療における調剤薬局の業務効率化に向け、インテグリティ・ヘルスケアが提供するオンライン診療・服薬指導システム「YaDoc Quick」とヤマト運輸の法人向けwebサービス「ヤマトビジネスメンバーズ」の「送り状発行システムB2クラウド」のシステム連携を開始した。

  • 2021年3月4日
  • LNEWS

『ASIAN RAD TEA COMPANY』と『渋谷DSクリニック』の漢方薬剤師が、 美味しくて内側から美しくなる和漢ブレンド茶を共同開発

アジアのお茶を取り扱うASIAN RAD TEA COMPANYと医療で美とダイエットをサポートする有名美容クリニック、渋谷DSクリニックの漢方薬剤師が内側からキレイになりたい女性たちのために見た目も美しい和漢ブレンドティーを共同開発いたしました。 渋谷DSクリニック、大阪新町のASIAN RAD AFTERS​店舗・オンラインショップにて販売いたします。 紅茶に近い味わいで甘みも感じられる東方美人茶をベースに、渋谷DSクリニックの漢方外来でも実際に処方している高品質の和漢素材から、温活中の女性にうれしい生姜、シナモン、クコの実、棗を漢方薬剤師がブレンド。

  • 2021年2月25日
  • PR TIMES

新型コロナワクチン接種、「希釈と充填」は薬剤師に!

2021年2月17日、国内での「先行接種」が始まった新型コロナウイルスワクチンのコミナティ筋注(一般名コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン)。同ワクチンは接種に際して、解凍後に生理食塩液で希釈してから、接種用のシリンジに充填する作業が必要になる(関連記事:先行接種開始、新型コロナワクチンの特徴は?)。  厚生労働省が21年2月16日に発出した「新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引き(2.0版)」では、医療機関以外で接種を行う場合の従事者の確保について、予診・接種に関わる者として、予診を担当する医師1人、接種を担当する医師または看護師1人、薬液充填および接種補助を担当する看護師または薬剤師1人を1チームとすることが記載されている。こうした接種体制を整備するため、全国各地で、薬剤師がワクチン接種の業務に関わる準備が進められている。例えば、地域の薬剤師を対象にワクチンの希釈・充填の研修を始めたのは、栃木県の宇都宮市薬剤師会だ。

  • 2021年2月25日
  • DI Online

ここは、大人の「保健室」。心のクスリ、処方します。深夜営業の薬局で繰り広げられる人間ドキュメント。

株式会社小学館集英社プロダクション(東京都千代田区神保町/代表取締役:都築伸一郎)は、『深夜薬局 歌舞伎町26時、いつもの薬剤師がここにいます』を2月18日(木)に発売しました。 小学館集英社プロダクションから発売された『深夜薬局 歌舞伎町26時、いつもの薬剤師がここにいます』。本書の舞台は、新宿・歌舞伎町にある、深夜のみ営業する「ニュクス薬局」。ここでたった一人で働く薬剤師と、さまざまな事情を抱えて訪れるお客さんたちとの濃密な物語をまとめたノンフィクションです。

  • 2021年2月18日
  • PR TIMES

CancerXがオンラインで議論「在宅医療~より良い在宅医療のためにできること~」とは?

「がんと言われても動揺しない社会へ」の実現を目指す一般社団法人CancerXが、1月31日から2月6日までの1週間、「World Cancer Week 2021」をオンライン開催。その中から、最終日の6日に行われた「CancerX 在宅医療~より良い在宅医療のためにできること~」のセッションについて、レポートする。このセッションでは、認定NPO法人マギーズ東京センター長・共同代表理事の秋山正子氏、厚生労働省医薬・生活衛生局総務課 薬局・販売制度企画室長の太田美紀氏、日本在宅薬学会理事長の狭間研至氏、医療法人社団オレンジ(福井県福井市)理事長の紅谷浩之氏が登壇。2019年に肺がんの夫を自宅で看取った、慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究所研究員の森内倫子氏がモデレーターを務めた。

  • 2021年2月18日
  • オンコロ