薬剤師向け勉強会・セミナー・イベント情報メディア「Pharmet」

薬剤師の未来をつくる

無料で開催を告知

個人・法人に限らず、薬剤師向けの勉強会・セミナー・イベント・Meetupを開催したい人が、専用の告知ページを無料で作成できます。

薬剤師同士が繋がる

勤務先以外の薬剤師と繋がることができます。小人数限定の勉強会やMeetup(懇親会)でもOK! 積極的に参加・主催してみましょう!

開催予定の薬剤師向け勉強会・セミナー・イベント

地域や患者さんのための薬剤師勉強会などに参加してみよう!

薬剤師の視点で関わる多疾患併存(マルチモビディティ)

高齢化の進行により、多疾患併存(マルチモビディティ:以下マルモ)の患者は増加しています。マルモ患者では、処方薬も増えがちであり、プライマリ・ケア薬剤師は個別性の高いケアや多職種との連携も必要となり,まさに総合力が試されます。 実際のマルモ症例に対するアプローチをカンファレンス形式で考えましょう。

オンライン・Webセミナー

710
日曜日

高齢者の「高血圧」「糖尿病」「脂質異常」に対する忍容性をふまえたアプローチ

まず、予防医学的側面として、「診療ガイドライン」における近年の改訂内容をふまえ、「高血圧」「糖尿病」「脂質異常」に対する薬物療法の意義について述べさせていただきます。 つぎに、忍容性と多面的アウトカムをふまえた、高齢者における「高血圧」「糖尿病」「脂質異常」の治療目標ついて論じさせていただきます。 その上で、高齢者の「高血圧」「糖尿病」「脂質異常」に対する生活習慣・薬剤使用(処方)の適正化と、薬剤起因性老年症候群の防止を念頭においた、食事・運動療法を含めたアプローチについて先生方と考えることができればと考えております。

オンライン・Webセミナー

710
日曜日

再考!ポリファーマシー 〜真に効果的なアプローチとは~

ポリファーマシーは高齢社会において日常的に遭遇する問題となっており、様々な介入が行われていますが、その介入効果の結果については、検討の余地があります。本セミナーでは、ポリファーマシー介入の要因やそのメカニズムを探り、真に効果的な介入対象・介入方法・アウトカムとは何かについて、一緒に考えたいと思います。

オンライン・Webセミナー

710
日曜日

漢方薬は何故複数生薬からなるか?その利点と欠点 /漢方方剤の組成から適応症を理解する

漢方薬の中には独参湯・将軍湯など、一つの生薬から成るものもあるが、基本的には生薬を組み合わせて成り立っている。生薬の組み合わせは、馬王堆漢墓から出土した五十二病方に記載があり、傷寒論以前から生薬の組み合わせが存在していたことが分かっている。桂枝湯の「湯」はスープを意味し、生薬を組み合わせることで、いく通りもの処方ができる。例えば、生薬が 5 つあれば、その組み合わせは 31 通りある。さらに、桂枝湯と桂枝加芍薬湯のように組み合わせが同じでも一つの生薬の分量が異なると違う薬効を持つことになれば、無数の処方を作ることが可能である。当日は漢方処方の組み合わせの妙につき、お話したい。

オンライン・Webセミナー

79
土曜日

高齢者のメンタルヘルスと薬物療法

高齢者には不眠症、うつ病、妄想症(遅発性パラフレニー)、不安障害、認知症、せん妄など様々な精神神経疾患がみられる。各疾患や症状で治療薬は異なるものの、1.非薬物的対応の優先、2.安全性に配慮した薬物療法という点で共通している。薬物療法に際して参考となる「高齢者の安全なガイドライン2015(日本老年医学会)」や「高齢者の医薬品適正使用の指針(厚生労働省)」などのガイドラインや指針の作成に携わられた水上勝義先生に、各疾患に対する薬物療法についてお話いただく。

オンライン・Webセミナー

626
日曜日

「口腔に関する理解を深めよう 〜薬局窓口で患者さんにお口についてのワンポイント アドバイスをするために〜/薬剤師がおさえておくべき薬剤性口腔内トラブルと対応」

超高齢化社会を見越して薬剤師にはこれまでの薬学的管理・指導のみならず、医療機関に通院していない国民に対しての健康サポート機能をも担うことが求められるようになってきました。薬局を訪れた患者さんに薬剤の口腔への影響のみならず、口腔ケア、口腔の疾患、口腔と全身疾患の関 係などを指導し、必要時に歯科受診を勧奨することはその1つとなります。今回は患者さんにアドバイスをするための基礎となる①口腔や歯について②口腔ケア用品について③全身に影響する口腔疾患について④薬剤による口腔への影響について概説します。明日からの臨床の場でのワンポイントアドバイスのために役立てていただければ幸いです。

オンライン・Webセミナー

625
土曜日

薬学エキスパートコース「わかりやすい臨床統計講座」第3回

本講座では患者の健康や薬物治療の向上につながる研究を計画する上で必要な臨床統計を実践的に学ぶことができます。薬剤師の貢献度を数値化して経営サイドにアピールしたり、学会発表や論文投稿につなげる試みを支援します。 また、臨床試験デザインの考え方をわかりやすく学ぶことができますので、企業や行政の方の参加も歓迎いたします。

オンライン・Webセミナー

625
土曜日

第1回がんプロフェッショナル研修会 「小児がん長期フォローアップと移行期支援/薬剤師ができる小児がんサポートの可能性」

小児がんは希少疾患の集合で、医療者は様々な治療プロトコールを用い、年齢・体格や、成長・発達が大きく異なる患者に対応する。疾患治癒後のサバイバーには、成長発達期のがんの罹患とがん治療による慢性健康障害リスクがあり、それぞれの身体状況や成長発達・成熟・加齢に応じ、医療・心理社会的問題への配慮が必要になる。小児がんサバイバーが、腫瘍治療急性期から慢性期、小児医療から成人医療へと移行するにあたり、晩期合併症リスクにあわせた自己健康管理と医療・支援が受けられるよう、複数の専門家や多職種で連携しサポートすることが重要である。

オンライン・Webセミナー

619
日曜日

薬学エキスパートコース「わかりやすい臨床統計講座」第2回

本講座では患者の健康や薬物治療の向上につながる研究を計画する上で必要な臨床統計を実践的に学ぶことができます。薬剤師の貢献度を数値化して経営サイドにアピールしたり、学会発表や論文投稿につなげる試みを支援します。 また、臨床試験デザインの考え方をわかりやすく学ぶことができますので、企業や行政の方の参加も歓迎いたします。

オンライン・Webセミナー

618
土曜日

[臨床推論]薬剤師スキルアップ講座 第1回 プロブレムリスト

臨床症状、各種検査値、バイタルサインなどを正しく解釈し、異常値などからプロブレムリストを作成し評価するスキルを身につけます。 臨床推論は薬剤師スキルアップ講座の1つであり、「臨床推論」について経験豊富な医師・薬剤師を講師として招聘し、「臨床推論」を実践中の薬剤師のチューターと、受講者がともに学ぶなかで、臨床で実際に使える考え方を身に付けることを目的としています。 超高齢化社会を迎える日本にあって、薬剤師が果たすべき役割が変化し、増加しています。今後、薬局では適切な知識を持って患者さんのセルフケア・セルフメディケーションをサポートする場面が多くなり、病院ではチーム医療の一員として議論するために患者さんの病状について判断することが必要となります。臨床推論は、薬局窓口、在宅や病院ベッドサイドにおいて患者から何を聞くべきかを判断できる有効なツールであり、医師や多職種とのコミュニケーションを円滑にするために必要な知識です。多くの薬剤師が臨床推論を学び、臨床場面で患者の病状や病態から薬剤師として何を考えるか判断するためのツールとして活用できることを期待します。ともに薬剤師の新しい課題を乗り越えましょう。

オンライン・Webセミナー

612
日曜日

薬学ベーシックコース「薬物治療アップトゥデート講座⑦」

本講座は、がん緩和医療をとりあげます。第1部では、放射線治療などのがん治療がもたらす生体内の酸化ストレスについて、物理学の視点からお話します。第2部では、がん治療に伴う副作用として生じるがん関連疲労とその対策についてお話します。

オンライン・Webセミナー

64
土曜日

薬剤師だから気付くフィジカルアセスメント推論力 ~服薬後のMy患者に責任を持つために~ 第二回目

バイタルサイン収集手技習得、アセスメント実技実習、活用実例紹介により、明日からの実践に繋げます。講師に医師、看護師、薬剤師(病院、薬局)、救急救命士を迎え、薬剤師としてのアセスメントの重要性を多職種の中で実感していただきます。事前に配信する動画を視聴し、目標設定したうえでご参加ください(年2回開催、同内容)。同内容で4月(第1回)と5月(第2回)に開催します。

京都

529
日曜日

モノからヒトへの挑戦~患者のための薬学的介入の実践~

かかりつけ薬剤師・薬局の推進、対物から対人への業務シフト、調剤後の継続的な服薬状況の把握・指導の義務化、認定薬局制度の施行など、薬剤師の業務は大きく変化しています。 今年度は、これからの薬剤師に必須の臨床実践能力や高い専門性の獲得・向上を目標に、薬学専門基礎知識を臨床に繋げた講座を「痒み」「ダウン症」「亜鉛」の3つのテーマで開講します。

京都

522
日曜日

薬剤師お役立ちコラム

スキル向上のため薬剤師勉強会やセミナーを開催してみよう!

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

WebセミナーやWeb勉強会を開催したい方に向けて、無料でビデオ通話ができるツール「Googleハングアウト」の使い方についてご案内します。当サイトでは、Webセミナーと呼んでいますが、その他の呼び方として「オンラインセミナー」「ウェビナー」とも呼ばれます。Webセミナーのツールは、オンラインミーティングにも代用できるので、今後のIT化や遠隔服薬指導などに向けて学んでいくべきツールになります。

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

今までに開催された薬剤師の勉強会やセミナーのテーマや演題を集めてみました。テーマに沿って勉強会が進められる場合と、大まかなテーマがあり発表者側に演題内容が委ねられている勉強会もあります。集めたサンプルの中で、自分でもできそうなテーマや演題を探して勉強会開催の参考にしましょう。

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

薬剤師向けの勉強会やセミナーを開催するには、会場が必要となってきますが、勤務先の薬局に十分な広さがなかったり、勤務先の薬局と関係ないグループの勉強会の場合は、薬局を会場にするのが面倒な時もあると思います。今回は、レンタルスペースや貸し会議室などで勉強会を開催する方法についてご案内します。

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

薬剤師の勉強会やセミナーを開催するにあたって、申し込みの手間が掛かることがあります。従来は、FAXや電話連絡で申し込みをしていたのですが、Googleフォームを使えば、WEB上で簡単に申し込みページを作成することができます。勉強会やセミナーに申し込みをしたユーザーは、Googleスプレッドシートで管理できるので、個人情報の管理も最適です。

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

薬剤師ピックアップニュース

薬剤師向けニュースを各メディアからピックアップ!

スキマ時間で受診から薬の受取りも、auウェルネスで描く新たなヘルスケアサービス

KDDI、MICIN、ホワイトヘルスケアは、ヘルスケアアプリ「auウェルネス」において、オンライン服薬指導を9月から提供する。 今回、新たに発表されたオンライン服薬指導は、薬局に行く手間をオンライン上で完結できるもの。 これにより、慢性疾患などを抱えていて定期的に薬が必要な人や仕事などで病院や薬局へ行くのが難しい人などでも、より受診・薬の受取などがしやすくなるとKDDI パーソナル事業本部 サービス統括本部 担当部長の田口健太氏。

  • 2021年6月30日
  • ケータイ Watch

カナダで夢を追いかけて

「夢」という言葉を使うことさえはばかられる年齢になりましたが、20年来の夢がかなって、2022年の1月から、バンクーバーにあるブリティッシュ・コロンビア大学(University of British Colombia;UBC)のFlex PharmD(Doctor of Pharmacyの略)プログラムで勉強することが決まりました。 Flex PharmDプログラムは、社会人薬剤師が仕事を続けながらフレキシブルなスケジュールで3年間をかけて学位取得を目指すもので、同様のプログラムはアルバータ大学やトロント大学にも設置されています。

  • 2021年6月25日
  • DI Online

閣議決定から予想する22年度調剤報酬改定

2011年6月18日、3つの閣議決定がなされました(関連記事)。それぞれの内容はぜひ原本をご覧いただきたいと思いますが、私自身がポイントとして押さえておきたいと思ったのは、次の3つです。

  • 2021年6月24日
  • DI Online

薬の説明はオンラインで コロナで特例、進む規制緩和

医師に薬を処方してもらうと、薬剤師から服用時の注意について説明を受けることになる。この「服薬指導」は直接対面が基本だが、規制緩和で条件付きながらオンラインでもできるようになった。普及はまだこれからとはいえ、新型コロナウイルスの感染対策になる面も。使いやすくなることへの期待は大きい。 「対面で説明を受けるのとほとんど変わらない。わざわざ薬局に出向く必要がなくて便利」。アトピー性皮膚炎で通院治療中の横浜市に住む27歳女性はオンラインでの診療と服薬指導を初めて受けてみた。

  • 2021年6月23日
  • NIKKEI STYLE

初診からのオンライン診療2022年度から解禁へ

政府は2021年6月18日に規制改革実施計画(以下、実施計画)を閣議決定し、かかりつけ医による初診からのオンライン診療を2022年度から恒久的に認める方針を示した。ただし、受診歴のない患者の初診については、診療録や診療情報提供書、地域医療ネットワーク、健康診断結果等の情報により患者の状態をあらかじめ把握することを条件とした。  オンライン診療は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の感染拡大に伴い、時限的な措置で初診からの実施が認められている。一方で感染収束後の対応については、厚生労働省の「オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」で(1)定期的に受診している場合、(2)過去に受診歴がある場合、(3)過去に受診歴がない患者について、かかりつけ医等からの情報提供を受けた場合──を認める方向で議論がなされていた。

  • 2021年6月23日
  • 日経メディカル

ミナカラと慶應義塾大学との共同研究の成果として「薬剤師によるオンライン相談に関する実態調査」報告書を公開

「オンライン診療の適切な実施に関する指針(令和元年7月 厚生労働省)」において、薬剤師は、医師以外が行う遠隔健康医療相談の1つとして、患者様からの相談をオンラインで応需し、一般的な医学的な情報の提供や、一般的な受診勧奨(病院や医療機関などの紹介)などの情報提供ができます。 こうしたオンラインでの相談は、対面を避けて相談したいという患者様の課題を解決し、時間や場所を制限されずセルフメディケーションをサポートできる可能性がありますが、実店舗ではない、オンラインにおける相談の取り組みはほとんど実施されていない状況が続いています。

  • 2021年6月22日
  • PR TIMES

厚労省検討会の取りまとめ案に見る薬局の未来

薬剤師の養成や質の向上について議論を進めてきた厚生労働省の検討会が6月16日開かれ、同省が示した取りまとめ案を大筋で了承した。今後、幾つか文言修正が行われた後、正式な取りまとめが6月中にも公表される。  この取りまとめ案を見て目を引くのは、薬学部の入学定員の抑制に言及した点だろう。それもさることながら、筆者自身は他に注目したポイントがある。  正直言って、薬学部の入学定員抑制についての記述は、むべなるかなである。取りまとめ案では、「入学定員数の抑制も含め教育の質の向上に資する、適正な定員規模のあり方や仕組みを早急に検討すべきである」と明記。もともと骨子案の段階では、「入学定員数の抑制が必要か否かも含めて検討すべき」と記載されていたが、「必要か否か」といった回りくどい表現がなくなり、かつ「早急に」という文言が追加された。

  • 2021年6月18日
  • Beyond Health

「8月1日から始まる『認定薬局制度とこれからの薬局・薬剤師に求められる役割」と題して厚生労働省 医薬・生活衛生局 薬事企画官 安川 孝志氏のセミナーを7月17日(土)にオンラインにて開催!!

来る8月1日から認定薬局制度が始まります。 これは、2015年に策定された「患者のための薬局ビジョン」で示されたこれからの薬局に求められる機能が具体化されたものと言えます。 本セミナーでは、薬剤師・薬局を取り巻く環境が激変する中、患者から選ばれる薬局、患者から求められる薬剤師像について厚生労働省薬事企画官安川孝志氏を迎え、行政の視点から一連の施策の背景も交えご解説いただきます。 1.薬局・薬剤師を巡る議論 2.これまでの施策について 3.薬機法改正(特に認定薬局制度) 4.薬剤師・薬局に求められる役割 5.薬剤師、薬局の将来像 6.質疑応答

  • 2021年6月14日
  • PR TIMES

オンライン診療・服薬指導恒久化がもたらすもの

2021年6月8日、河野太郎行政改革担当相が記者会見で、オンライン診療・オンライン服薬指導の特例措置を恒久化すると発表した、というニュースが入ってきました。 20年4月10日に発出された事務連絡(いわゆる0410事務連絡)で時限的・特例的に認められた電話診療などは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の収束までは着実に実施すると共に、従来の情報通信機器を用いたオンライン診療・服薬指導についても、この特例的措置を恒久化していくというものです。

  • 2021年6月11日
  • DI Online

往診に薬剤師がオンラインで立ち会い ヘルスケアゲート

医療系ベンチャーのヘルスケアゲート(横浜市)は、医師の往診に薬剤師がオンラインで立ち会い一部業務を代行するサービスを月内にも始める。処方薬の検討、カルテの記載など医師が行う業務を、往診を見ていた薬剤師が行う。在宅医療の普及につなげる。 サービス名は「オンライン薬剤師」。同社が抱える薬剤師5人が遠隔で医師をサポートする。医師の訪問診療時に薬剤師はLINEやテレビ会議システムを使いビデオ通話して診療内容を把握する。その上で、処方箋に関する業務や処方箋を発送する薬局との調整などの業務を薬剤師がする。医師は訪問診療時の人数を減らせるほか、労働時間の短縮にもつながる。

  • 2021年6月8日
  • 日本経済新聞

患者と面談して服薬指導 広がる「薬剤師外来」(日本医科大学付属病院薬剤部 岸田悦子係長)

薬局の窓口とは別に、薬剤師が患者と面談する場を設けて服薬状況や体調の変化を聞き取る動きが大学病院などで広がっている。「薬剤師外来」とも呼ばれ、副作用の可能性や手術前に休薬すべき薬はないかなどの確認を通して、より安全な医療につながると期待される。実際に薬剤師外来を担当している日本医科大学付属病院(東京都文京区)薬剤部の岸田悦子係長に話を聞いた。

  • 2021年5月31日
  • 時事メディカル

薬剤師がやりがいを感じる仕事内容についてアンケート調査

合同会社スマスタ(本社:愛知県犬山市、代表社員:鈴木唯史)が運営する薬剤師向け転職情報メディア<ハッピーファーマシスト>(https://smast.co.jp/happypharmacist/)は、薬剤師100人を対象に「薬剤師のやりがい」についてアンケートを実施しました。 半数以上の薬剤師が患者との接点にやりがいを感じており、対物から対人業務へという国の政策と薬剤師のやりがいが合致している結果となりました。

  • 2021年5月31日
  • PR TIMES

薬剤師の対人業務が必要とされる場面

薬剤師の対人業務と聞くと、「対物業務の重要さを知らないのか!」と言われることがあります。このモノからヒトへのシフトと言う表現が、誤解を生みやすいのだと思いますが、対物業務の重要性は従来と同様変わりません。しかし、ポリファーマシーに代表される現在の地域医療の問題点を解決するためには、薬剤師が対物業務にのみ専念していては良くないのです。

  • 2021年5月27日
  • DIオンライン

JR東日本/医療系ベンチャーと資本業務提携、駅にセルフケア薬局展開

JR東日本スタートアップは5月26日、零売(れいばい)薬局や調剤薬局などの事業を展開するGOOD AID(愛知県名古屋市)と、JR東日本の駅で薬局と医療サービスなどと連携をする「スマート健康ステーション」の実現で資本業務提携したと発表した。 「スマート健康ステーション」は、GOOD AIDの子会社、セルフケア薬局が運営する零売薬局「セルフケア薬局」を健康相談の窓口にして、鉄道の駅で、さまざまな医療サービスやヘルスケアサービスと連携をする構想。零売薬局は、症状が把握できていれば、薬剤師がカウンセリングをした上で、必要最低限の医療用医薬品を処方箋が不要で販売できる薬局になる。

  • 2021年5月26日
  • 流通ニュース

今さらながら、薬剤師とバイタルサイン

先日、薬学生さんと面接していたときに、バイタルサインの話になりました。 「大学で習うでしょう?」と私が尋ねると、明るい笑顔で「はい!1時間だけありました!」と答えてくれたのですが、さらに続けて「でも先生は、『まぁ将来は使わないけどね』とおっしゃっていました」との答えが返ってきました。確かに、現状ではそうかもしれません。ですが、ちょっと残念な気持ちにもなりました。学生さんとのこのようなやり取りがあったので、今回は改めて「薬剤師とバイタルサイン」について私の考えをお伝えしたいと思います。

  • 2021年5月25日
  • DIオンライン