Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

薬剤師の勉強会やセミナーを開催するにあたって、申し込みの手間が掛かることがあります。従来は、FAXや電話連絡で申し込みをしていたのですが、Googleフォームを使えば、WEB上で簡単に申し込みページを作成することができます。勉強会やセミナーに申し込みをしたユーザーは、Googleスプレッドシートで管理できるので、個人情報の管理も最適です。

  • 2019年11月22日 作成

Googleフォームとは?

Googleフォームは、誰でも無料で使えるWebフォームを簡単に作成できるGoogleのサービスです。作成にあたっては、Googleアカウントが必要となります。また、Googleスプレッドシート(Excelのようなオンラインツール)と連携しており、Webフォームの回答データは、スプレッドシートに自動で保存されます。

最近作られたWebフォームであればSSL暗号化通信でセキュリティ的には安全ですが、古いWebフォームの場合、安全な設計になっていないことが多いです。その点、Googleフォームは、セキュリティ面も良いので、参加者の個人情報を扱うには最適な環境となっています。

薬剤師の勉強会に必要なフォームの項目

薬剤師の勉強会を行うにあたって、必要な項目や情報を揃えましょう。大きくわけて、勉強会内容と申し込み項目の2グループが必要です。

勉強会内容は、

開催日:○○年○○月○○日
開催時間:○○時~○○時
定員:○○名
参加資格:薬剤師
費用:○○円
会場:東京都○○区○○町 ○○ビルセミナールーム
主催者:○○在宅委員会
タイムテーブル:11:30 開場
12:00 ~ 14:00  ○○○○○○○○○○  講師 ○○薬局 ○○先生
14:00 ~ 15:00  質疑応答

申し込み項目は、

氏名:
メールアドレス:
電話番号:
薬剤師登録番号:
所属:
参加回数:初めて参加する or 1回以上参加したことがある
コメント:

となりますが、あくまでサンプルですので、適宜アレンジして利用ください。一般の方や、薬学生・薬局事務・ケアマネージャーなども参加できる勉強会もあるので、参加資格が書いてあると良いですね。

実際に作成してみましょう

では、実際に作成してみましょう。まずは、Googleアカウントが必要となります。Gmailを使っている方であれば問題ありません。お持ちでない方は、こちらからGoogleアカウントを作成してください

Googleアカウントを用意したら、こちらからGoogleフォームにアクセスして、左側の「Googleフォームを使ってみる」のボタンをクリック。

Googleにログインした後にGoogleフォームのトップページに来るので、左上のカラフルなプラスアイコンをクリックして、新しいフォームを作成する。

新しいフォームが作成されるので、まずは、薬剤師向け勉強会やイベント内容を記載する。必要な項目は、薬剤師勉強会タイトル・開催日・開催時間・定員・参加資格・費用・会場・主催者・タイムテーブルなど。

サンプルの薬剤師向け勉強会の内容を記載するとこのような感じになります。次は、申し込み項目を作成してみましょう。

申し込み項目は、赤丸がついている4つの箇所を触っていけば、簡単に申し込み項目を作成できます。左から、項目タイトルの入力・入力フォームの種類・必須項目かどうか・新規項目追加ボタンになります。

入力フォームの種類は、「記述式」が改行できないテキスト入力、「段落」が改行できるテキスト入力、「ラジオボタン」が単数選択リスト、「チェックボックス」が複数選択リスト、「プルダウン」が選択項目が多い場合の単数選択リストなどになります。

勉強会に参加する薬剤師が氏名を入力する場合のフォームのサンプルです。氏名には改行が必要ないので「記述式」を選び、必須項目にします。

勉強会に参加する薬剤師に参加回数の質問などをする場合、タイトルが参加回数、フォームの種類がラジオボタンになり、その項目名に、初めて参加する・1回以上参加したことがあるを設定します。画像の選択肢2は間違いなので、右側にある×ボタンで削除しましょう。

申し込み項目が作成できたら、ページ上部に戻り送信ボタンをクリック。作成した申し込みフォームのURLをコピーすることができます。

入力項目にメールアドレスを既に作成している場合は、メールアドレスを収集するにチェックは不要です。URLをコピーするには、鎖マークをクリックして短縮URLにチェックを入れると、短くてシンプルなURLをコピーできます。

以上でフォームが作成されたので、コピーしたURLをFacebookや当サイトで薬剤師向けに紹介することが可能になります。こちらがフォームのサンプルです。

Googleスプレッドシートで申し込み者を管理する

フォームができて実際に薬剤師が申し込みをした場合は、先程作成したフォーム作成画面から申し込み者を確認することができます。「回答」のタブをクリックしてください。

まだ申し込み者がいませんが、こちらがフォームの回答が集まるページです。フォームを作成したユーザーのみ見ることができます。

申し込み者が集まってきたら、Googleスプレッドシートで管理してみましょう。まずは、赤いアイコンをクリック。

新しいスプレッドシートを選択して作成をクリック。

スプレッドシートが作成されて、表組に申し込み者が記載されます。再度、このスプレッドシートにアクセスしたい場合は、Googleスプレッドシートのページからログインして閲覧できます。

薬剤師の勉強会の告知方法

様々な準備が整ったら、告知が必要となります。都道府県の薬剤師会や薬科大学の勉強会やセミナーであれば集客は容易ですが、そうでない場合は、Facebookの告知や薬剤師情報メディアをつかってみましょう。

Facebookで告知

Facebookで告知する場合は、Facebookイベントの作成やFacebookで投稿することで告知することができます。先にFacebookページを作成してからの方が、個人の投稿より望ましいかと思います。しかし、FacebookページやFacebookイベントの管理の操作が複雑なので、こちらのサイトでその方法をまとめたいと思います。

当サイトで告知

当サイトでは、無料で薬剤師向け勉強会やイベントを告知することができます。ページ上部にあるイベント作成ボタンからFacebookアカウントでログインして作成してください。

Pharmet編集部

薬剤師お役立ちコラム

スキル向上のため薬剤師勉強会やセミナーを開催してみよう!

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

WebセミナーやWeb勉強会を開催したい方に向けて、無料でビデオ通話ができるツール「Googleハングアウト」の使い方についてご案内します。当サイトでは、Webセミナーと呼んでいますが、その他の呼び方として「オンラインセミナー」「ウェビナー」とも呼ばれます。Webセミナーのツールは、オンラインミーティングにも代用できるので、今後のIT化や遠隔服薬指導などに向けて学んでいくべきツールになります。

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

今までに開催された薬剤師の勉強会やセミナーのテーマや演題を集めてみました。テーマに沿って勉強会が進められる場合と、大まかなテーマがあり発表者側に演題内容が委ねられている勉強会もあります。集めたサンプルの中で、自分でもできそうなテーマや演題を探して勉強会開催の参考にしましょう。

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

薬剤師向けの勉強会やセミナーを開催するには、会場が必要となってきますが、勤務先の薬局に十分な広さがなかったり、勤務先の薬局と関係ないグループの勉強会の場合は、薬局を会場にするのが面倒な時もあると思います。今回は、レンタルスペースや貸し会議室などで勉強会を開催する方法についてご案内します。

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

薬剤師の勉強会やセミナーを開催するにあたって、申し込みの手間が掛かることがあります。従来は、FAXや電話連絡で申し込みをしていたのですが、Googleフォームを使えば、WEB上で簡単に申し込みページを作成することができます。勉強会やセミナーに申し込みをしたユーザーは、Googleスプレッドシートで管理できるので、個人情報の管理も最適です。

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

開催予定の薬剤師向け勉強会・セミナー・イベント

地域や患者さんのための薬剤師勉強会などに参加してみよう!

薬剤師の卒後研修の現状とあるべき姿-ジェネラリストとしての実践力の養成に向けて-

先端医療の社会実装が進んだ現在、各医療職には専門性の確立が期待されているが、同時に基盤となるジェネラリストとしての実践力も求められている。医師の場合、免許取得後2年間の初期研修が必須化され、その後に専門医資格の認定取得に向けた後期研修がスタートする。一方、薬剤師の場合には卒後初期研修の法的義務はなく、薬剤師としての実践力の養成は、各医療機関の規模と役割に応じた自律的な新人研修とOJTに任されている。本講演では、令和元年~3年度厚生労働行政推進調査事業費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス政策研究事業)「薬剤師の卒後研修カリキュラムの調査研究(研究代表者:山田清文)」の内容を中心に、卒後研修としての薬剤師レジデント制度の現状を紹介する。さらに、現在進行中の「卒後研修の効果的な実施のための調査検討事業(代表:千葉大学病院・石井伊都子先生)」の概要についても紹介する。

オンライン・Webセミナー

222
火曜日

第4回アカデミック・ディテーラー養成プログラム D:論文の批判的吟味を実践しよう

アカデミック・ディテーリングとは、「公正中立な基礎を臨床につなぐ科学的視点とエビデンスを基に医薬品比較情報を能動的に発信する新たな医薬品情報提供アプローチ」です。Dコースでは「論文の批判的吟味を学ぼう」という、米国薬学部の教育で最も力を入れている臨床論文のCritical Thinking をどのように行うかの手法を学びます。

オンライン・Webセミナー

220
日曜日

入退院時連携の始め方~明日から書ける!入院時サマリーワークショップ~

「どうしてこの薬を飲んでいるのだろう?」と悩んだ経験はありませんか。 ポリファーマシーや漫然投与による副作用の発現は在宅医療に取り組む中でよく目にする光景です。患者さんの環境変化(入退院や転居)があった際に、病院と薬局の薬剤師間で情報共有(薬薬連携)がなされていないことが大きな原因です。 これを解決するためには、病院と薬局の薬剤師間で、お薬手帳や薬情などの点情報ではなく、患者さんの治療経過が記載されたサマリーを使った線情報を行う必要があります。 そこで今回は、明日から入院時サマリーを書けるようになるワークショップを開催します。

オンライン・Webセミナー

220
日曜日

入退院時連携の始め方〜地域包括ケア時代の服薬後フォローとは〜

「どうしてこの薬を飲んでいるのだろう?」と悩んだ経験はありませんか。 ポリファーマシーや漫然投与による副作用の発現は在宅医療に取り組む中でよく目にする光景です。患者さんの環境変化(入退院や転居)があった際に、病院と薬局の薬剤師間で情報共有(薬薬連携)がなされていないことが大きな原因です。 これを解決するためには、病院と薬局の薬剤師間で、お薬手帳や薬情などの点情報ではなく、患者さんの治療経過が記載されたサマリーを使った線情報を行う必要があります。 今回のセミナーでは、4年間の取り組みを通して、薬薬連携の基本的な考え方や進め方についてご説明します。

オンライン・Webセミナー

213
日曜日

地域包括ケアシステムにおける薬物治療学~薬剤師が実践する疾病管理~シリーズ6 認知症

地域包括ケアシステムにおける薬物治療学シリーズは、エビデンスに基づく薬物治療を学び、個々の患者に適した薬学管理、疾病管理及び服薬管理について参加型形式で学習します。 シリーズ6は「認知症」をテーマに2回構成で学びます。 認知症は、記憶・学習・判断といった脳の知的機能が低下し、日常生活や社会生活に支障をきたす状態をいいます。認知症には、変性性認知症と脳血管性認知症があります。変性性認知症の代表的なものとしてAlzheimer型認知症があり、全体の半数を占めています。患者さんに寄り添う支援を推進するため、標準治療を学び、薬学的管理について討議しましょう。

オンライン・Webセミナー

210
木曜日

地域包括ケアシステムにおける薬物治療学~薬剤師が実践する疾病管理~シリーズ5 心筋梗塞

地域包括ケアシステムにおける薬物治療学シリーズは、エビデンスに基づく薬物治療を学び、個々の患者に適した薬学管理、疾病管理及び服薬管理について参加型形式で学習します。 シリーズ5は「心筋梗塞」をテーマに2回構成で学びます。 心筋梗塞は、冠動脈血流の急激な減少により心筋の壊死をきたした病態です。安静でも20分以上持続する激しい胸痛、冷汗、悪心を主訴とします。薬物療法では、不整脈や心不全、脳梗塞などの合併症に対する対処、治療が重要になってきます。患者さんに寄り添う支援を推進するため、標準治療を学び、薬学的管理について討議しましょう。

オンライン・Webセミナー

113
木曜日

「医学論文の情報を活かして、服薬指導を目の前の患者さん用にカスタマイズする」「実際に論文を読んでみて、情報の解像度を高める」

前半は、薬剤師の価値を高めるために、情報の垂れ流しの服薬指導ではなく、医学論文を使って患者 さんそれぞれに応じた服薬指導をする方法を考える内容です。後半は、医学論文にはどんなことが記 載されているか、どういったことに気をつけて読み進めればいいのかについて、実際の論文を読みな がら学ぶ研修会です。 今回は新型コロナウイルス感染症の拡大を考慮し、ZOOM を使ったオンライン研修会とさせて頂きま す。 研修に参加するには、一人一台のインターネットに接続可能な PC(カメラとマイク付き)、タ ブレットが必要 となります。

オンライン・Webセミナー

110
月曜日

薬物療法以外の精神科治療〜心理療法を中心に

精神医療には様々な種類があります。薬物療法だけではなく、精神療法、精神科リハビリテーション も重要な治療の柱になっています。しかしながら、どのような心理療法がおこなわれているか学ぶ機 会は少ないのではないでしょうか。 今回、認知行動療法やマインドフルネスなど精神科で実際に行われている心理療法を、ワークショッ プ形式で学びます。 今回は新型コロナウイルス感染症の拡大を考慮し、ZOOM を使ったオンライン研修会とさせて頂きま す。 研修に参加するには、一人一台のインターネットに接続可能な PC(カメラとマイク付き)、タ ブレットが必要 となります。

オンライン・Webセミナー

110
月曜日

『あなたの疑問を明確にし、研究をデザインする』『あなたの疑問が研究に!?研究開始のコツ』

薬剤師業務の中で様々な疑問が出てくると思います。その疑問を臨床研究の対象にしようと思って も、「どうしたら研究にできるのだろうか分からない」「この疑問を研究対象に出来るのだろうかと不 安だ」と二の足を踏んで研究活動を行えない方がいらっしゃるのではないでしょうか。 薬剤師が主体となって臨床研究を行う際に遭遇する障壁とならびに乗り越え方をディスカションし、 明日から行動が起こせるようになることを目標にした研修会です。 今回は新型コロナウイルス感染症の拡大を考慮し、ZOOM を使ったオンライン研修会とさせて頂きま す。 研修に参加するには、一人一台のインターネットに接続可能な PC(カメラとマイク付き)、タ ブレットが必要 となります。

オンライン・Webセミナー

19
日曜日

「レジリエンス(折れない心)のつくりかた」「仕事に役立つコーチング」

働く男女の半数以上が人間関係にストレスを感じていると報告されています。 この研修会の前半では職場の人間関係について学び、落ち込んだ後の再起力・失敗をバネに上昇に転 じる力であるレジリエンスを高める方法を学びます。後半では、組織の成長に必要な聴く力「マイン ドフルリスニング」や、後輩の指導に必要な力「コーチング」について学びます。 職場内の人間関係の改善、後輩の指導に役立つ内容になっております。是非ともご参加ください! 今回は新型コロナウイルス感染症の拡大を考慮し、ZOOM を使ったオンライン研修会とさせて頂きま す。 研修に参加するには、一人一台のインターネットに接続可能な PC(カメラとマイク付き)、タ ブレットが必要 となります。

オンライン・Webセミナー

19
日曜日

今更聞けない!『どうすれば伝わるの?』薬学が処方に組み込まれる、伝わる情報提供の方法とは?

近年、薬局業界は、改正薬機法の成立、2019年4月2日の「調剤業務のあり方」の通達、2020年度診療報酬改定など、劇的な変化の最中にあります。 日本在宅薬学会では、2021年9月より「今更聞けない!!薬剤師の対人業務!!~いま、薬局に求められる変化とは?~」と題し、これからの薬局薬剤師に向けたセミナーを行います。

オンライン・Webセミナー

1212
日曜日

第4回 EBM勉強会 「ポリファーマシーの解消」

ポリファーマシーは薬剤師が職能を発揮することが望まれている分野のひとつです。一方で減薬を提案することには勇気が要ることも事実です。勇気を持って減薬を提案できるように、ポリファーマシーの解消についてのエビデンスを読み解き、自信を深めていきましょう。

オンライン・Webセミナー

1121
日曜日

『フォローって何をすればいいの・・・?』 ~薬剤師のやるべき業務とは?服用期間中のフォローの始め方

改正薬機法の成立、2019年4月2日の「調剤業務のあり方」の通達、2020年度診療報酬改定など、薬局業界は劇的な変化の最中にあります。 これからの薬剤師には今後、本来あるべき「薬の専門家」としての役割が求められます。 では、“本来の役割”とは何でしょうか? 薬剤師には、薬を渡すだけではなく飲んだ後も、「患者を診る」ことで患者に健康を渡すことが本来の役割になります。 しかし、それが今の現状でできるのでしょうか? 従来の業務を行いながら、新たな外来・在宅での対人業務や服用期間中フォローアップの実施は、薬剤師の時間・気力・体力を十分に確保することができず必ず行き詰まります。

オンライン・Webセミナー

1121
日曜日

薬剤師のための漢方セミナー

本プログラムは2部構成で実施します。 まず第1部では、「薬剤師が知っておくべき漢方と生薬の知識」をテーマに講義します。 漢方薬は使い方が複雑で理解しにくいと考えておられる方が多いとは思いますが、実は、生薬の働きをよく見てみると処方の「意味」が見えてきます。漢方薬の働きを漢方医学的な機序から眺めてなぜその生薬が使われているのか、それら生薬にはどのような働きがあるのかということを解説したいと思います。漢方処方の特徴を知ることで服薬指導もさらに広がり、またご自身で選ぶ時にも参考になるのではないでしょうか。 次に第2部では、「冬季・春季の養生法」をテーマに講義します。 四季折々に沿った養生法があります。今回は、日本中医学院で気功の専門家である宋海君先生に冬季・春季の養生法について、気功の考え方をベースにした心の保養、起居の調節、飲食や運動による保養、病の予防、漢方による養生、そして春先に多い花粉症の臨床および漢方療法についてお話いただきます。 なお、新型コロナウイルス感染状況によっては変更の可能性があることをご了承ください。

東京

1120
土曜日

第4回薬機法改正を踏まえた薬局薬剤師の進むべき方向性

薬機法改正により、薬剤師による継続的な服薬状況の把握及び服薬指導の義務などが法制化され、これまで以上に対人業務の重要性が求められるようになり、さらに薬剤等の使用に関する情報をほかの医療提供施設の医師等に提供する努力義務も法制化されました。また地域連携薬局、専門医療機関連携薬局と言った特定の機能を有する保険薬局の認定制度が導入されることで、大きな変化をもたらす可能性が指摘されています。今回この改正にどのように薬剤師が取り組んで行くかについて解説します。

オンライン・Webセミナー

1112
金曜日