Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

薬剤師の勉強会やセミナーを開催するにあたって、申し込みの手間が掛かることがあります。従来は、FAXや電話連絡で申し込みをしていたのですが、Googleフォームを使えば、WEB上で簡単に申し込みページを作成することができます。勉強会やセミナーに申し込みをしたユーザーは、Googleスプレッドシートで管理できるので、個人情報の管理も最適です。

  • 2019年11月22日 作成

Googleフォームとは?

Googleフォームは、誰でも無料で使えるWebフォームを簡単に作成できるGoogleのサービスです。作成にあたっては、Googleアカウントが必要となります。また、Googleスプレッドシート(Excelのようなオンラインツール)と連携しており、Webフォームの回答データは、スプレッドシートに自動で保存されます。

最近作られたWebフォームであればSSL暗号化通信でセキュリティ的には安全ですが、古いWebフォームの場合、安全な設計になっていないことが多いです。その点、Googleフォームは、セキュリティ面も良いので、参加者の個人情報を扱うには最適な環境となっています。

薬剤師の勉強会に必要なフォームの項目

薬剤師の勉強会を行うにあたって、必要な項目や情報を揃えましょう。大きくわけて、勉強会内容と申し込み項目の2グループが必要です。

勉強会内容は、

開催日:○○年○○月○○日
開催時間:○○時~○○時
定員:○○名
参加資格:薬剤師
費用:○○円
会場:東京都○○区○○町 ○○ビルセミナールーム
主催者:○○在宅委員会
タイムテーブル:11:30 開場
12:00 ~ 14:00  ○○○○○○○○○○  講師 ○○薬局 ○○先生
14:00 ~ 15:00  質疑応答

申し込み項目は、

氏名:
メールアドレス:
電話番号:
薬剤師登録番号:
所属:
参加回数:初めて参加する or 1回以上参加したことがある
コメント:

となりますが、あくまでサンプルですので、適宜アレンジして利用ください。一般の方や、薬学生・薬局事務・ケアマネージャーなども参加できる勉強会もあるので、参加資格が書いてあると良いですね。

実際に作成してみましょう

では、実際に作成してみましょう。まずは、Googleアカウントが必要となります。Gmailを使っている方であれば問題ありません。お持ちでない方は、こちらからGoogleアカウントを作成してください

Googleアカウントを用意したら、こちらからGoogleフォームにアクセスして、左側の「Googleフォームを使ってみる」のボタンをクリック。

Googleにログインした後にGoogleフォームのトップページに来るので、左上のカラフルなプラスアイコンをクリックして、新しいフォームを作成する。

新しいフォームが作成されるので、まずは、薬剤師向け勉強会やイベント内容を記載する。必要な項目は、薬剤師勉強会タイトル・開催日・開催時間・定員・参加資格・費用・会場・主催者・タイムテーブルなど。

サンプルの薬剤師向け勉強会の内容を記載するとこのような感じになります。次は、申し込み項目を作成してみましょう。

申し込み項目は、赤丸がついている4つの箇所を触っていけば、簡単に申し込み項目を作成できます。左から、項目タイトルの入力・入力フォームの種類・必須項目かどうか・新規項目追加ボタンになります。

入力フォームの種類は、「記述式」が改行できないテキスト入力、「段落」が改行できるテキスト入力、「ラジオボタン」が単数選択リスト、「チェックボックス」が複数選択リスト、「プルダウン」が選択項目が多い場合の単数選択リストなどになります。

勉強会に参加する薬剤師が氏名を入力する場合のフォームのサンプルです。氏名には改行が必要ないので「記述式」を選び、必須項目にします。

勉強会に参加する薬剤師に参加回数の質問などをする場合、タイトルが参加回数、フォームの種類がラジオボタンになり、その項目名に、初めて参加する・1回以上参加したことがあるを設定します。画像の選択肢2は間違いなので、右側にある×ボタンで削除しましょう。

申し込み項目が作成できたら、ページ上部に戻り送信ボタンをクリック。作成した申し込みフォームのURLをコピーすることができます。

入力項目にメールアドレスを既に作成している場合は、メールアドレスを収集するにチェックは不要です。URLをコピーするには、鎖マークをクリックして短縮URLにチェックを入れると、短くてシンプルなURLをコピーできます。

以上でフォームが作成されたので、コピーしたURLをFacebookや当サイトで薬剤師向けに紹介することが可能になります。こちらがフォームのサンプルです。

Googleスプレッドシートで申し込み者を管理する

フォームができて実際に薬剤師が申し込みをした場合は、先程作成したフォーム作成画面から申し込み者を確認することができます。「回答」のタブをクリックしてください。

まだ申し込み者がいませんが、こちらがフォームの回答が集まるページです。フォームを作成したユーザーのみ見ることができます。

申し込み者が集まってきたら、Googleスプレッドシートで管理してみましょう。まずは、赤いアイコンをクリック。

新しいスプレッドシートを選択して作成をクリック。

スプレッドシートが作成されて、表組に申し込み者が記載されます。再度、このスプレッドシートにアクセスしたい場合は、Googleスプレッドシートのページからログインして閲覧できます。

薬剤師の勉強会の告知方法

様々な準備が整ったら、告知が必要となります。都道府県の薬剤師会や薬科大学の勉強会やセミナーであれば集客は容易ですが、そうでない場合は、Facebookの告知や薬剤師情報メディアをつかってみましょう。

Facebookで告知

Facebookで告知する場合は、Facebookイベントの作成やFacebookで投稿することで告知することができます。先にFacebookページを作成してからの方が、個人の投稿より望ましいかと思います。しかし、FacebookページやFacebookイベントの管理の操作が複雑なので、こちらのサイトでその方法をまとめたいと思います。

当サイトで告知

当サイトでは、無料で薬剤師向け勉強会やイベントを告知することができます。ページ上部にあるイベント作成ボタンからFacebookアカウントでログインして作成してください。

Pharmet編集部

薬剤師お役立ちコラム

スキル向上のため薬剤師勉強会やセミナーを開催してみよう!

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

WebセミナーやWeb勉強会を開催したい方に向けて、無料でビデオ通話ができるツール「Googleハングアウト」の使い方についてご案内します。当サイトでは、Webセミナーと呼んでいますが、その他の呼び方として「オンラインセミナー」「ウェビナー」とも呼ばれます。Webセミナーのツールは、オンラインミーティングにも代用できるので、今後のIT化や遠隔服薬指導などに向けて学んでいくべきツールになります。

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

今までに開催された薬剤師の勉強会やセミナーのテーマや演題を集めてみました。テーマに沿って勉強会が進められる場合と、大まかなテーマがあり発表者側に演題内容が委ねられている勉強会もあります。集めたサンプルの中で、自分でもできそうなテーマや演題を探して勉強会開催の参考にしましょう。

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

薬剤師向けの勉強会やセミナーを開催するには、会場が必要となってきますが、勤務先の薬局に十分な広さがなかったり、勤務先の薬局と関係ないグループの勉強会の場合は、薬局を会場にするのが面倒な時もあると思います。今回は、レンタルスペースや貸し会議室などで勉強会を開催する方法についてご案内します。

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

薬剤師の勉強会やセミナーを開催するにあたって、申し込みの手間が掛かることがあります。従来は、FAXや電話連絡で申し込みをしていたのですが、Googleフォームを使えば、WEB上で簡単に申し込みページを作成することができます。勉強会やセミナーに申し込みをしたユーザーは、Googleスプレッドシートで管理できるので、個人情報の管理も最適です。

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

開催予定の薬剤師向け勉強会・セミナー・イベント

地域や患者さんのための薬剤師勉強会などに参加してみよう!

第4回薬機法改正を踏まえた薬局薬剤師の進むべき方向性

薬機法改正により、薬剤師による継続的な服薬状況の把握及び服薬指導の義務などが法制化され、これまで以上に対人業務の重要性が求められるようになり、さらに薬剤等の使用に関する情報をほかの医療提供施設の医師等に提供する努力義務も法制化されました。また地域連携薬局、専門医療機関連携薬局と言った特定の機能を有する保険薬局の認定制度が導入されることで、大きな変化をもたらす可能性が指摘されています。今回この改正にどのように薬剤師が取り組んで行くかについて解説します。

オンライン・Webセミナー

1112
金曜日

地域包括ケアシステムにおける薬物治療学~薬剤師が実践する疾病管理~シリーズ4 前立腺がん

地域包括ケアシステムにおける薬物治療学シリーズは、エビデンスに基づく薬物治療を学び、個々の患者に適した薬学管理、疾病管理及び服薬管理について参加型形式で学習します。シリーズ4は「前立腺がん」をテーマに2回構成で学びます。前立腺がんは、前立腺に生じる上皮性悪性腫瘍で、大部分が腺房細胞由来の腺がんです。前立腺の辺縁領域に好発し、男性ホルモン依存性に増殖します。50歳以上の男性に好発し、増加傾向にある疾患です。患者さんに寄り添う支援を推進するため、標準治療を学び、薬学的管理について討議しましょう。

オンライン・Webセミナー

1111
木曜日

すぐに実践できる!臨床検査値を活かした処方鑑査と服薬指導 ~改正薬機法に対応するために~

2020年9月、改正薬機法が施行され、服用期間を通じた薬学的管理が義務化されました。本法の趣旨は、薬剤師に臨床薬剤師としての行動・能力を求めるものです。これからの薬剤師は副作用を含む病態の経過を予測する力が求められます。どうしたら良いか、間違いなく臨床検査値(検査値)の活用です。検査値の推移を予測し、異常値に伴う症状を患者から聴取することで、副作用の早期発見を行うことができます。さらに、患者は早く帰りたがり、医師は疑義照会を嫌うため、疑義照会に難渋することは多いと思いますが、検査値の活用はこれを一変させます。本講座では、腎機能・肝機能・電解質・血算など、基本的な検査値を症例ベースで解説します。

オンライン・Webセミナー

1030
土曜日

薬剤師のための薬局での英会話

日本に居住する外国人は既に多く、グローバル化により薬剤師として来日外国人の方々への英会話での対応も必要になります。異国での突然の体調不良や怪我などは不安になるものです。今回の2回にわたるレッスンでは、2020年度に開催したレッスンの復習も含み、さらに発展したレッスンを行います。もちろん初めての参加の方でも対応できる内容です。今回もプロの英語講師をお迎えして前回の復習から幅広いレベルに対応した英会話レッスンを行います。

オンライン・Webセミナー

1030
土曜日

薬剤師業務実践講座 薬剤師が関わる褥瘡治療と症例検討

過年度の実施内容に、更に症例検討を加えました。再受講の方にもお薦めです。褥瘡の薬物治療を効果的に実践するために、薬剤師が身につける薬剤及び医療材料の基礎知識と高齢者の皮膚特性に基づく薬剤を褥瘡内に滞留させるためのスキルについて学びます。また、褥瘡モデルを用いた外用療法やベッド実習により、現場ですぐに使用できる実践的な講習を行います。褥瘡対策チームや在宅の褥瘡へどのように関わって良いのか分からない薬剤師に特にお薦めです。

オンライン・Webセミナー

1024
日曜日

薬剤師のためのフィジカルアセスメント~患者情報の収集と活用~

在宅患者の状態を把握するために必要な患者情報はどのように収集していますか? 本講座は、在宅医療の現場で患者の状態把握、薬効評価/副作用モニタリングなど、薬剤師が在宅患者を客観的に評価/判断するために有用なツールであるフィジカルアセスメントについて、その理念の理解、実技の修得、そして臨床での実践を目的とした参加型研修プログラムです。

東京

1024
日曜日

第2回がんプロフェッショナル研修会「AYA(Adolescent&Young Adult)世代のがん患者に対する薬剤師のかかわり」

日本のAYA世代におけるがん患者数は年間およそ2万人であり、がん患者全体の約2%と報告されている。近年治療成績が改善している小児がんや成人がんと比べてAYAがんは改善率が低く、この背景として、症例数が少ないため情報の蓄積が困難であること、がん種が多種多様であり希少がんの割合が多いこと、AYAがんを専門的に診療する施設が少ないこと等が挙げられる。AYAがんが抱える問題はこのような医療的側面だけに限らず、この世代特有である身体的、精神的、社会的に変化に富んだ時期であることも関わってくる。AYA世代は就学、就職、結婚、妊娠、出産など多くのライフイベントが訪れる時期に当たり、がん治療以外にも多岐にわたる悩みやニーズが存在するため、これをも支援しながら診療に当たる必要がある。AYA世代のがん治療と治療後の長期フォローアップについて実際の症例を通してその問題点や課題、当院での取り組みについて紹介する。

東京

1017
日曜日

第3回 EBM勉強会 「緩和ケア」

緩和ケアも、がん化学療法同様に注目度が高まっています。また、がん患者に限らず緩和ケアでは心不全末期患者も含まれるようになるなど、緩和ケアの概念も変わってきました。緩和ケアは個別化医療の代表ですが、これが論文やエビデンスとなるとどうなるのか、患者に当てはめる際には最も悩む分野のひとつでしょう。また客観的指標が多い循環器領域などと異なり主観的な評価が中心となるため、その評価の違いについても考えます。

  • 2021年9月26日(日) 14:00~17:00
  • 薬局共創未来人財育成機構 薬剤師生涯研修センター
  • がん・疾患 勉強会
オンライン・Webセミナー

926
日曜日

難治がんに対する免疫療法 ~患者さん自身の免疫能を高めるために~

近年、がんの治療において、免疫チェックポイント阻害療法などの免疫療法が脚光を浴びており、肺がんを含む多くのがんにおいて、免疫療法が標準治療に組み込まれている。しかし、膵がんなどいまだに免疫療法が効きにくいがんも存在する。また、難治性造血器疾患である多発性骨髄腫では免疫チェックポイント阻害薬単剤では効果が見られず臨床試験が中止された。 本講座では、最初にがん免疫療法の現況について副作用を含めて解説し、続いて患者さんのがんに対す る免疫能をさらに強化するための方策として、演者が取り組んでいる免疫賦活作用を持つ既存薬および新規薬剤の同定に関する知見について紹介する。

オンライン・Webセミナー

912
日曜日

地域包括ケアシステムにおける薬物治療学 ~薬剤師が実践する疾病管理~ シリーズ3 バセドウ病

地域包括ケアシステムにおける薬物治療学シリーズは、エビデンスに基づく薬物治療を学び、個々の患者に適した薬学管理、疾病管理及び服薬管理について参加型形式で学習します。 シリーズ3は「バセドウ病」をテーマに2回構成で学びます。

オンライン・Webセミナー

99
木曜日

医療人に求められるコミュニケーション

薬剤師として日々仕事をされている中で、患者さんや同僚、医師とのコミュニケーションに難しさを感じることはありませんか。感じるとしたら、そこには価値観が影響しているかもしれません。自分と相手の価値観が異なると、ミス・コミュニケーションや誤解が起こることがあります。また、医療人として仕事を続ける上で、しなやかで折れにくい心(レジリエンス)を持つことは重要です。自分や周りの人の強みに意識を向け、強みを活かして仕事をすると、レジリエンスが高くなると言われています。この講座では、現場でのコミュニケーションを価値観や強みという視点から一緒に見直し、患者さんや周りの人と、また自分自身と良いコミュニケーションを取るためのヒントをご紹介したいと思います。

オンライン・Webセミナー

95
日曜日

薬剤師が拓くオンライン医療の未来

我が国では急速な高齢化率の上昇による持続的な医療費の増大が見込まれていますが、こうした医療需要の増加に見合った医師数は充足しておらず、特に過疎地域医療圏や二次医療圏における医師不足は深刻です。また、人口減少に起因する企業等の生産性低下も懸念されており、健康寿命の延伸、医療へのアクセシビリティの向上や医療の高効率化、更には疾病の発症や重症化を抑止するための早期治療、継続治療の実践は重要な課題です。オンライン医療はこうした公的課題の解決策の一つですが、医師によるオンライン診療を遂行する上で、オンライン服薬指導等を介した薬剤師による臨床的介入は極めて重要な活動となります。ここでは、オンライン医療における薬剤師のタスクとその意義について考えます。

オンライン・Webセミナー

94
土曜日

いのちを支えるメンタルヘルス・ファーストエイド ~うつ病の早期介入と自殺予防~

「毎日がつらい」「消えてしまいたい」「死にたい…」などと身近な人から打ち明けられた時、どのように話を聴き、どのような言葉を掛ければ良いのでしょうか。 本講座ではオーストラリアで開発されたプログラム ~メンタルヘルス・ファーストエイド(MHFA)~ を用いて、こころが危機的状況にあるかたへの対応方法と、自殺を防ぐゲートキーパーの役割について学びます。

  • 2021年8月8日(日) 9:00~12:00
  • 薬局共創未来人財育成機構 薬剤師生涯研修センター
  • がん・疾患 勉強会
オンライン・Webセミナー

88
日曜日

褥瘡治療に対するトータルアプローチ ~外用薬提案とその先を考える~

褥瘡は、75歳上の高齢者が7割を占めると言われており高齢者に特有の疾患と言われることも多いのが特徴です。褥瘡の発生には、疾患、身体機能の変化や介護状況などの療養環境、服用薬剤の影響、栄養状態など様々な影響を与えることがあり、褥瘡の発症には患者を総合的に評価することが非常に重要です。そのため「創」を見るだけでなく、患者の背景を読み解くことが非常に重要です。褥瘡治療は外用薬による治療が一般的で薬剤師の介入は、基剤を重視した薬物療法の提案が一般的です。しかし、褥瘡は、外力疾患であり外力コントロールが最も重要です。治療と予防の両立を行いながら外用薬提案だけでは治療できない褥瘡に対して患者背景を含めたトータルアプローチを行い外用薬提案のその先を考えながらどのように治療戦略を組み立てていくかお話いたします。

オンライン・Webセミナー

81
日曜日

病態を臨床検査値から読み解く

臨床検査医学では、臨床検査値から患者様の病態を推測するために検討することをRCPC(Reversed Clinico-pathological Conference)といいます。入院時のルーチン検査やその後の検査値の推移により、病態の把握をすることが診断や治療効果の判断に非常に有効です。基本的な検査項目から特殊検査まで、複数の検査値を組合せたデータの読み方、解釈について、RCPCの入門編として丁寧に解説をいたします。

オンライン・Webセミナー

730
金曜日