薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

今までに開催された薬剤師の勉強会やセミナーのテーマや演題を集めてみました。テーマに沿って勉強会が進められる場合と、大まかなテーマがあり発表者側に演題内容が委ねられている勉強会もあります。集めたサンプルの中で、自分でもできそうなテーマや演題を探して勉強会開催の参考にしましょう。

  • 2020年1月3日 作成

がん・疾患別の勉強会・セミナー テーマと演題サンプル

がん・疾患別の勉強会となると、講師に医師を迎えて講演するケースが多くなります。薬剤師側に講演スキルがなくても、医師を招くことによって開催できる勉強会のテーマとなっています。

がん

  • がん医療における薬学的介入と薬剤師の役割
  • 検査値から読み解く抗がん剤副作用対策
  • 薬剤師が行うアピアランスケア
  • 抗がん薬曝露に関する患者指導
  • がん治療に必要な支持療法
  • 乳がん治療の最前線
  • 造血器腫瘍に対する治療の最前線
  • 最新の肺がん薬物療法
  • がん疼痛患者への服薬支援のポイント

糖尿病

  • 糖尿病領域におけるチーム医療を考える
  • 糖尿病治療薬の特徴と使い分け
  • 糖尿病患者に対する薬学的ケアと服薬指導のポイント

皮膚

  • アトピー性皮膚炎の薬物治療と光線療法
  • アトピー性皮膚炎と乾癬の外用療法
  • 真菌感染症治療薬について
  • 褥瘡治療は外用薬の使い方が重要
  • 高齢者で注意すべき皮膚疾患

呼吸器

  • 喘息・COPDの最新治療と吸入指導のポイント
  • 咳・呼吸困難患者からの情報収集と疾患の推測
  • 咳・呼吸困難患者への対処法の提案と実践(トリアージ)

精神・神経

  • 心身症の病態と治療
  • 統合失調と薬物療法
  • 向精神薬の薬物動態から適正使用を考える
  • 高齢者におけるメンタルヘルス、老年期うつ病
  • 日常診療でみる様々な精神疾患と治療薬

肝臓・腎臓

  • 腎臓病と薬・処方の注意点
  • 腎機能低下時に注意すべき薬剤
  • 肝疾患に対する治療の最前線
  • ウイルス性肝炎の基礎知識と薬剤師の関わり

その他

  • 脂質異常症の基礎から動脈硬化の臨床まで
  • 門脈圧亢進症治療の新しい潮流
  • てんかんの薬物療法
  • 女性疾患の薬物療法
  • 加齢性白内障とその治療

漢方薬・生薬の勉強会・セミナー テーマと演題サンプル

漢方の勉強会・セミナーは、全国で定期的に開催されていて参加しやすいテーマとなっています。自局が漢方の取り扱い薬局であれば、症状のヒアリング力や漢方の知識が必須となり、自局内研修に限らず勉強会・セミナーに参加する薬剤師が多いです。

漢方・生薬

  • 漢方薬・生薬の活用と注意点
  • 漢方医療における服薬指導のポイント
  • 歴史から漢方薬を理解する
  • 漢方薬と健康茶
  • 医食同源の生薬の生産地
  • 漢方薬の婦人科疾患に対する薬物療法
  • 現場で手応えのあった漢方処方
  • 高齢者と向き合う漢方治療

薬剤師・薬局の勉強会・セミナー テーマと演題サンプル

薬剤師・薬局という括りになっていますが、がん・疾患・漢方・在宅以外のテーマを集めています。薬機法関連などの経営者向けからアドヒアランスや検査値などの実務向けに幅広く行われています。

服薬指導

  • よりよい服薬指導のための基礎知識
  • 精神科薬物療法における服薬指導のポイントと薬剤師の関わり
  • 糖尿病患者に対する薬学的ケアと服薬指導のポイント
  • 服薬指導の組み立て方
  • 健康相談や服薬指導の現場での栄養アプローチ

薬機法

  • 薬機法改正に向けた議論の全体像
  • 薬機法改正を踏まえたこれからの薬剤師の課題と期待
  • 薬機法改正と薬剤師の責任

アドヒアランス

  • 服薬アドヒアランスの向上に動機づけ面接を活かす
  • 患者の服薬アドヒアランスを高める指導スキル
  • 高齢患者の服薬アドヒアランス不良について

検査値

  • 臨床検査値を活用した処方鑑査と服薬指導
  • 薬局における臨床検査値の活用
  • 抗がん薬と検査値について
  • 臨床検査値の読み方セミナー

その他

  • 感染制御における薬剤師の役割と消毒薬の使い分け
  • 災害時における医療活動と薬剤師の役割
  • 高齢者のポリファーマシーとフレイルを考慮した安全な薬物療法
  • 薬剤師業務に役立つPMDAの医薬品情報検索スキル
  • RMPの基礎と実践
  • 臨床研究の企画立案と実施
  • 臨床研究のためのデータ解析
  • 妊婦・授乳婦における薬物療法の考え方
  • 小児薬物治療における情報収集及び留意点等について
  • 子どもと薬について
  • スポーツにおけるチーム医療
  • アスリートにみられやすい内科的疾患
  • アンチ・ドーピング規則と治療使用特例(TUE)手続きの解説
  • 薬剤師に必要な栄養学

在宅医療の勉強会・セミナー テーマと演題サンプル

これから在宅を本格的に始めたい薬局から、居宅だけでなく複数の施設在宅を対応する薬局まで、スキルや知識の差が大きいテーマとなっています。無菌調剤・輸液調製や在宅での実務研修は、場所が限られるので回数が少なく人気の勉強会となっています。

基礎知識

  • 訪問薬剤管理指導に関連する法、制度
  • 地域・在宅医療における薬局・薬剤師の役割
  • 契約時の同意取得や重要事項説明に関する研修
  • 介護保険制度・在宅報告書作成等、在宅訪問の基礎知識
  • 契約時の同意取得や重要事項説明
  • 在宅報告書の記載方法や計画書の作成
  • 患者アセスメントの基礎(食事・排泄・睡眠・運動・認知)
  • フィジカルアセスメントの基礎(血圧・脈拍・動脈血酸素飽和濃度測定・体温)
  • 居宅訪問のロールプレイング
  • 地域包括ケアシステムの概要と専門職の役割
  • ポリファーマシーの対策方法

疾患・病態・副作用

  • 在宅療養でみられる様々な疾患について
  • がん性創傷と皮膚潰瘍ケアの基礎知識
  • 認知症の基本知識・認知症の人への対応(薬学的管理、気づき・連携)
  • 褥瘡の予防とケアについて
  • 胃ろうケア、フットケアについて
  • 抗癌剤の副作用に対する指導と次回の薬物療法の提案について
  • 高齢者の誤嚥性肺炎について
  • 筋ジストロフィー、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病関連疾患等の難病
  • 悪性腫瘍の疼痛コントロール
  • 肺炎、尿路感染症等の感染症
  • うつ等の精神疾患
  • 褥瘡、経腸栄養、喀痰吸引等の医療処置
  • 在宅医療における緩和ケア

多職種連携・薬薬連携・地域包括ケア

  • 多職種連携と在宅医療における薬剤師の役割
  • 病院薬剤師と薬局薬剤師のバトンタッチ連携報告
  • 薬剤師と介護支援専門員等による同行訪問報告
  • 患者情報連絡票を活用した薬薬連携
  • 介護保険のしくみとケアマネージャーの役割
  • 多職種連携による事例検討ディスカッション
  • 多職種連携の先進事例
  • 多職種連携による薬学的管理推進のために
  • 退院・在宅復帰時の薬剤師の関わり
  • 医師と処方提案等についてのディスカッション

コミュニケーション

  • 薬剤師に求められるコミュニケーション力
  • 在宅に踏み込んだ際のコミュニケーション(在宅での栄養指導)
  • MIを用いた医療コミュニケーションセミナー(モチベーショナル・インタビューイング)
  • 薬剤師のための精神心理的ケア
  • チーム医療で役立つコミュニケーション力

フィジカルアセスメント

  • フィジカルアセスメントを薬剤師が行う意義
  • 薬剤師のためのフィジカルアセスメント
  • 在宅医師が薬剤師に求めるフィジカルアセスメントの習得
  • バイタルサインとフィジカルアセスメント
  • バイタルサイン測定からイメージする患者状態
  • 病院薬剤師のフィジカルアセスメント
  • フィジカルアセスメントを活用して多職種連携を進めよう

無菌調剤・輸液調製

  • 注射剤の調製
  • 輸液療法の実践
  • 輸液調製の初歩
  • 在宅医療を見据えた注射薬の無菌混合調製
  • 在宅医療で使用される医療用ポンプの特徴や注意点について

実務研修

  • 薬剤師の在宅医療業務への同行
  • 訪問看護師との同行研修
  • 医師の診察室見学・訪問診療同行
  • 訪問看護ステーションでの研修
  • 介護職研修(介護老人保健施設・デイサービス)
  • 居宅介護支援事業所・地域包括支援センター研修

Pharmet編集部

薬剤師お役立ちコラム

スキル向上のため薬剤師勉強会やセミナーを開催してみよう!

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

WebセミナーやWeb勉強会を開催したい方に向けて、無料でビデオ通話ができるツール「Googleハングアウト」の使い方についてご案内します。当サイトでは、Webセミナーと呼んでいますが、その他の呼び方として「オンラインセミナー」「ウェビナー」とも呼ばれます。Webセミナーのツールは、オンラインミーティングにも代用できるので、今後のIT化や遠隔服薬指導などに向けて学んでいくべきツールになります。

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

今までに開催された薬剤師の勉強会やセミナーのテーマや演題を集めてみました。テーマに沿って勉強会が進められる場合と、大まかなテーマがあり発表者側に演題内容が委ねられている勉強会もあります。集めたサンプルの中で、自分でもできそうなテーマや演題を探して勉強会開催の参考にしましょう。

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

薬剤師向けの勉強会やセミナーを開催するには、会場が必要となってきますが、勤務先の薬局に十分な広さがなかったり、勤務先の薬局と関係ないグループの勉強会の場合は、薬局を会場にするのが面倒な時もあると思います。今回は、レンタルスペースや貸し会議室などで勉強会を開催する方法についてご案内します。

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

薬剤師の勉強会やセミナーを開催するにあたって、申し込みの手間が掛かることがあります。従来は、FAXや電話連絡で申し込みをしていたのですが、Googleフォームを使えば、WEB上で簡単に申し込みページを作成することができます。勉強会やセミナーに申し込みをしたユーザーは、Googleスプレッドシートで管理できるので、個人情報の管理も最適です。

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

開催予定の薬剤師向け勉強会・セミナー・イベント

地域や患者さんのための薬剤師勉強会などに参加してみよう!

グローバルな視点で医療を考えよう!

「誰一人取り残さない(leave no one behind)」を誓って、持続可能な開発目標(SDGs)が2015年9月 の国連サミットで採択されました。価値観や文化の違いを認め合い、誰もが安心して生きられる社会のなかで、医療はどのように取り組み関わっていけばよいのでしょう。 今回は、福祉国家フィンランドの社会と医療から誰もが活躍できるダイバシティをとりいれた社会について森屋淳子先生より、タイのモデルからSDH(健康社会的決定要因)についてグローバルな視点で武田先生より、ご講演いただき医療を考えます。

オンライン・Webセミナー

711
日曜日

地域包括ケアシステムにおける薬物治療学~薬剤師が実践する疾病管理~シリーズ2 慢性閉塞性肺疾患(COPD)

COPDは、タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入暴露することで生じる肺疾患です。COPDは、完全には正常化しない疾患ではありますが、薬物療法は、呼吸困難の抑制や増悪の予防に効果があり、患者さんのQOLを改善させます。患者さんに寄り添う支援を推進するため、標準治療を学び、薬学的管理について討議しましょう。

オンライン・Webセミナー

78
木曜日

挑戦!論文執筆に向けた調査研究 ~研究報告という“着地点”からみた調査研究~

調査をしたら、その後必ず行うのが“報告”。報告書や論文などといった形で社会に成果を還元するまでが研究ですよね。今回は、日頃調査研究論文の執筆サポートをしたり、論文の査読に携わったりする者の視点から、主に質問紙調査の実施・分析・報告に焦点を当ててお話します。調査研究の実施や報告の基本的な対応方法やトラブル対処法などについて、参加者同士で学びを深めていきましょう。

オンライン・Webセミナー

620
日曜日

高齢者における医薬品適正使用とポリファーマシー

ポリファーマシー問題の背景には患者層の高齢化と多病(multimorbidity)がある。したがって、いくら学会や国の関連指針が整備されても、高齢者の特性を理解し、それを踏まえたmultimorbidityの管理をしなければポリファーマシーの改善や処方の適正化はおぼつかない。講義では、高齢者の特性とmultimorbidityへの向かい合い方を概説し、厚労省で作成しているポリファーマシー対策の業務手順書など、最新の情報も提供したい。

オンライン・Webセミナー

620
日曜日

multimorbidity(マルチモビディティ:多疾患併存)の診療 ~ポリファーマシー、薬剤調整を超えて~

multimorbidity(マルチモビディティ:多疾患併存)は「最も頻度の多い慢性疾患」と呼ばれ、プライマリ・ケアの現場では最も新しい話題、また研究テーマです。今回はプライマリ・ケア領域で仕事をする上で知っておかなければならないmultimorbidity(マルチモビディティ:多疾患併存)の概念、対応の方法、ポリファーマシー対応の、先をいく対応まで、最新の知識を紹介し、症例検討を通じて理解を深めます。

オンライン・Webセミナー

620
日曜日

臨床医から見た遺伝子パネル検査のメリット・デメリット / がんゲノム医療に向けた創薬研究

最近では遺伝子パネル検査を保険診療で実施可能な施設も増えており、条件がそろえば、保険診療ならびに研究として検査を実施可能な環境となりつつある。患者さんにとっては、この検査を受ければ自分にぴったりのがんを治せる、夢のような検査であると過剰な期待を持つ方もいるため、検査の限界の説明には医療者にとってのストレスとなることもある。また、せっかくの検査を受けて、期待の持てる遺伝子変異が同定されても、治験登録申請の際にはすでに治験が終了していることもある。治療法の選別のために患者自身のために実施した検査であるが、中にはその遺伝子の変異が高確率で遺伝性腫瘍であることも分かってくることもあり、家族への配慮も必要になるなど、様々な問題を抱えている。 新薬開発研究において、がん患者から樹立された培養細胞を用いたスクーリング・非臨床試験が行われてきた。しかしながら、樹立細胞株は、何世代にわたり培養されていることから、腫瘍特性が維持されていない可能性が指摘されている。近年、がん患者から採取された腫瘍細胞をマウスに移植する患者腫瘍組織移植(Patient derived xenograft: PDX)に期待が集まっている。PDXモデルは、患者のがん組織の生物学的特徴とゲノム情報を保持できるため、前臨床研究における PDXモデルマウスの利用が進められている。本講演では、がん治療研究における患者の代替として非臨床研究で再現する PDXマウスを用いた創薬開発のパラダイムシフトを概説し、個別化医療にむけた国立がん研究センターでの取り組みについて紹介する。

オンライン・Webセミナー

613
日曜日

医師の立場から考える医薬連携のコツ ~トレーシングレポートの活用術 / トレーシングレポートは医師との連携ツール

まだまだ多くの医師は、薬剤師の仕事は処方した薬を処方箋に従い正確に調剤し、服用についてきちんと説明して渡すことであると思っている。最近はやっと薬剤師が薬に対する知識を持っているだけでなく、患者の状態を把握していて、患者に合った薬剤投与へのアドバイスが十分可能であることを認識するようになってきた。 しかし、医師が薬剤師を本当の医療のパートナーとして認識するためには、薬剤師の能力を医師に示すことが必要であり、そのために薬剤師からのメッセージ(トレーシングレポート)が極めて有用である。 本講演では、代表的な臨床例に、医師が薬剤師に望んでいることや薬剤師が医師に伝えるべきことを解説することで、トレーシングレポートが薬剤師の地位を高め、信頼を得るために極めて重要な手段であることをお伝えしたい。 服薬情報等提供書(トレーシングレポート)とは、疑義照会とは違い、緊急性・即時性は低いが患者の薬物療法の有効性・安全性に必須な情報を得た場合に、薬剤師が医師へ、その情報を伝えるためのツールです。 患者は、なかなか医師の前では本音が話せず、飲み忘れや服薬への不安などについて話すことをためらいがちです。処方医が把握しにくい患者の情報を薬剤師から情報提供することにより、医師が次回の処方を考える際に役立てることができます。本講演では、多忙な医師に読んでもらえ、医師との協働が可能になるトレーシングレポートの書き方について考えましょう。

オンライン・Webセミナー

66
日曜日

地域連携薬局・専門医療機関連携薬局に求められること

2019年12月に公布された改正薬機法においては、保険薬局に係る3つのポイントがあります。 ①継続的な服薬状況の把握及び服薬指導の義務化 ②テレビ電話等による遠隔服薬指導の導入 ③「地域連携薬局」及び「専門医療機関連携薬局」の導入 2020年9月の①、②に続き、2021年8月に③の薬局認定制度が始まります。 この認定制度では「住み慣れた地域で患者が安心して医薬品を使うことができる環境を整備するため」という改正の趣旨に基づき、機能別に「地域連携薬局」と「専門医療機関連携薬局」が導入されます。 これらの認定薬局については、2015年に示された「患者のための薬局ビジョン」が基本的な考え方として背景にあり、保険薬局の目指す在り方として捉えることもできます。 保険薬局を取り巻く環境は大きな変革期の最中にあり、時代に適合し、変わり続けていくことが求められることが想定されます。 そこで、それぞれの認定薬局が具体的にどのような機能を備えるべきなのか、「地域連携薬局・専門医療機関連携薬局に求められること」と題しまして、無料オンラインセミナーの開催を決定いたしました。 以下の詳細をご確認いただき、ぜひお気軽にお申込みくださいませ。

オンライン・Webセミナー

526
水曜日

薬剤師の視点からみた救急外来部門における感染対策 ~渡航者への対応も含めて~

救急外来部門は感染症に対する曝露リスクの高い部門といえる。そのため、救急関連および感染関連の 5 学会が合同で「救急外来部門における感染対策チェックリスト」を作成した。チェックリストでは、管理体制や患者対応の方法などが示されているため、各医療機関の実情に合わせたマニュアル作成の一助となる。近年は諸外国からの旅行者が増加しており、世界のあらゆる国や地域から感染症が持ち込まれる可能性がある。特に、7 月から 9 月にかけてはオリンピック・パラリンピックという国際的なイベントが予定されており、多くの外国人が日本を訪れることが分かっているため、事前の準備や対策をしておくことが求められる。 本講演では、薬剤師が救急外来部門での感染対策において、どのような役割を果たせるかという視点を通して、調剤薬局等においてもどのような対策ができるか皆さんと共に考えていきたい。

オンライン・Webセミナー

523
日曜日

がんゲノム医療におけるチームアプローチと遺伝カウンセリング

がん領域においては、分子レベルでのがんの発生機序の解明と共に、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬の開発が急速に進んでいる。遺伝子バリアントに基づいて診断・治療を行うゲノム医療の実装化が進み、個別化医療が推進され、コンパニオン診断やがん遺伝子パネル検査が保険医療として実施されるようになった。 ゲノム情報の活用では、その意味や意義を理解した上で意思決定していくことが大切であり、ゲノム医療を担う多職種の人材育成が急務とされている。また、遺伝に関わる情報が潜在することから、その不変性、予測性、共有性といった特徴に関する情報提供や、支援体制の充実が不可欠である。がんゲノム医療におけるチームアプローチと遺伝カウンセリングの現状と課題について述べる。

オンライン・Webセミナー

522
土曜日

地域包括ケアシステムにおける病診薬連携の在り方

地域包括ケアシステムの構築に向けて、病床機能の分化・連携及び在宅医療の提供は重要であり、地域医療構想の実現が必要とされています。また、地域完結型医療の体制確保によって、入院前から退院後を見据えた切れ目のない医療の提供が求められています。本講演では、地域包括ケアシステムにおける薬剤師の役割について、保険薬局と病院の連携した事例や取り組みも交えて解説いたします。

北海道

521
金曜日

入退院時連携の始め方 〜明日から書ける入院時サマリー〜

「どうしてこの薬を飲んでいるのだろう?」と悩んだ経験はありませんか。  ポリファーマシーや漫然投与による副作用の発現は在宅医療に取り組む中でよく目にする光景です。患者の環境変化(入退院や転居)に伴い、担当薬剤師が交代する際に情報が共有されていないことが、大きな要因だと考えています。 そこで3年前より、患者の入院先の病院薬剤部に薬剤情報提供サマリーを用いて情報提供を始めました。2021年8月の地域連携薬局の認定開始を控えた今、明日から薬剤情報提供サマリーを介した連携に取り組むために必要なポイントを私自身の多くの失敗と、退院時の連携にまで繋がった成功例を通して説明します。

オンライン・Webセミナー

513
木曜日

多面的視点で考える COVID-19 午後の部

医療崩壊・社会経済不安といった状況を引き起こしたCOVID-19 について、今、薬剤師にどのような 視点が必要なのかを研修します。 午後はメディアの情報の視点から市川衛先生に、正確な情報を考える薬剤師の視点から青島周一先生 に、情報の吟味について学びます。

オンライン・Webセミナー

418
日曜日

薬剤師だから気付くフィジカルアセスメント推論力

バイタルサイン収集手技習得、アセスメント実技実習、活用実例紹介により、明日からの実践に繋げます。講師に医師、看護師、薬剤師(病院、薬局)、救急救命士を迎え、薬剤師としてのアセスメントの重要性を多職種の中で実感ください(年2回開催、同内容)。 同内容で4月(第1回)と5月(第2回)に開催します。 後援:多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン(文部科学省)-高度がん医療を先導するがん医療人養成-

京都

418
日曜日

多面的視点で考える COVID-19 午前の部

医療崩壊・社会経済不安といった状況を引き起こしたCOVID-19 について、今、薬剤師にどのような 視点が必要なのかを研修します。 午前は、感染症専門医の岩田健太郎先生から、医療統計を読み解くスキルについて五十嵐中先生から、 真実にせまる知識を学びます。

オンライン・Webセミナー

418
日曜日