Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

WebセミナーやWeb勉強会を開催したい方に向けて、無料でビデオ通話ができるツール「Googleハングアウト」の使い方についてご案内します。当サイトでは、Webセミナーと呼んでいますが、その他の呼び方として「オンラインセミナー」「ウェビナー」とも呼ばれます。Webセミナーのツールは、オンラインミーティングにも代用できるので、今後のIT化や遠隔服薬指導などに向けて学んでいくべきツールになります。

  • 2020年4月12日 作成

Googleハングアウトとは?

Googleが無料で提供している無料チャット・ビデオ通話ツールです。2020年には、Googleハングアウトが「Chat」「Meet」に分割される情報もありますが、引き続きGoogleハングアウトが使用できるので、Googleハングアウトの使い方をご紹介します。

Googleハングアウトを利用するには、「Google Chrome」と「Googleアカウント」が必要になります。お持ちでない方のため、Google ChromeのダウンロードとGoogleアカウントの登録についても記載しています。

Google Chromeのダウンロード

「Google Chrome」は、Googleハングアウトが簡単に使える無料のウェブブラウザです。デスクトップパソコンやノートパソコンにこちらのURLからダウンロードして下さい。 スマートフォンでもGoogleハングアウト用のアプリがありますが、画面サイズが小さいので、セミナーや会議に向いていません。

Google Chrome

Googleアカウントの登録

「Google Chrome」をダウンロードしてインストールしたら、次に「Googleアカウント」を登録しましょう。「Googleアカウント」は、無料で様々なGoogleのサービスを使用することができるアカウントです。Gmailやアンドロイドのスマートフォン利用者は、既に登録済みです。お持ちでない方は、こちらのURLから作成して下さい。

新規にアカウントを作成する場合、お持ちのメールアドレス(○○○@yahoo.co.jpや○○○@hotmail.co.jpなど)を登録するか、Googleのメールアドレス(○○○@gmail.com)を新規に作成することが必要になります。

Google ChromeにGoogleアカウントでログイン

「Googleアカウント」を登録できたら、「Google Chrome」を立ち上げて、何の文字でも良いのでキーワード検索してください。 検索結果の右側にログインボタンが表示されるのでクリックしてログインページに行き、ログインして下さい。

Webセミナーやオンラインミーティングのスケジュールを登録

ログイン後にログインボタンがあった場所に、ドットでできたアイコンとアカウント名のアイコンが表示されます。 ドットでできたアイコンをクリックします。すると、Googleのサービスアイコンがリストに出てきます。 その中のカレンダーアイコンをクリックします。

カレンダーが表示されたら、Webセミナーを開催したい日時でカレンダーの升目をクリックしてください。予定を登録できるポップアップが出てくるので、そのポップアップの下側にある「その他オプション」をクリックしてください。

詳細なスケジュールを登録できる画面に切り替わったら、タイトル・日時・場所・ビデオ会議・説明・ゲスト(参加者)などの各設定を登録していきます。ビデオ会議の選択項目では、必ずハングアウトを選択してください。

各項目を選択・入力すると下記のような画面になります。この状態で保存をすればハングアウトを使用できるWebセミナーのスケジュール登録ができます。

Googleハングアウトに接続

試しにGoogleハングアウトに接続してみましょう。登録されたスケジュールをクリックすると、ポップアップの中に「Hangoutsに参加」が表示されているので、それをクリックしてください。登録したスケジュールの時間以外でも、Googleハングアウトに接続することができます。

「Hangoutsに参加」をクリックするとブラウザがマイクとカメラの使用許可を求めてくるので、許可をクリックしてください。パソコンのカメラが起動して、自分が画面に映りだされます。

ハングアウト参加ボタンが出てくるので、それをクリックしてください。

参加ボタンを押すとビデオ通話画面になります。参加者がいる場合は、右下に参加メンバーが表示されます。次に、自分のパソコン画面で表示している勉強会スライドなどをビデオ通話画面に映し出しましょう。画面右上の丸ぽちマークをクリックして下さい。

画面右上の丸ぽちマークをクリックすると、メニューが出てくるので、「画面を共有」をクリックして下さい。

「あなたの全画面」か「アプリケーションウインドウ」の選択が出てくるので、自分のパソコンの共有する範囲を選択してください。Google Chromeだけを共有したい場合は、「アプリケーションウインドウ」を選択、パワーポイントなどのアプリケーションを共有したい場合は、「あなたの全画面」を選択してください。

この機能で勉強会資料などを参加者に共有することができます。アプリケーションウインドウを選択した場合は、Googleドライブに資料をアップロードして、ブラウザでその資料を開くと、参加者にも見える範囲で資料を共有することができます。

他の参加者がハングアウトに入ってくると、右下に表示されます。カメラをONに設定している場合は、顔画像が表示されます。マイクをOFFにしている場合は、マイクのアイコンに斜め線が入ります。

参加者を登録して招待

他の参加者を招待するには、スケジュールから追加登録してください。「ゲストを追加」をクリックしてメールアドレスを入力してください。スケジュールに参加者が並ぶことによって、参加人数を把握しやすくなります。招待された参加者は、参加者自身のカレンダーにスケジュールが表示されて、そこからハングアウトに接続することができるようになります。

Googleハングアウトの注意点

ハングアウト接続人数に制限がある

Googleハングアウトのビデオ通話は、最大25人までです。「G Suite」と呼ばれる有料版ですと、100人以上の接続が可能ですが、大規模な勉強会やカンファレンスでない限り、無料版で問題ないでしょう。

音声や画質はZOOMに比べて劣る

Googleハングアウトの他にも様々なツールがあり、中でも「ZOOM」がハングアウトに比べて、音声も画質も良いです。しかし、勉強会程度でそこまでの音声や画質を求められないので、Googleハングアウトで十分でしょう。

開催者のインターネット接続条件

開催者のインターネット接続条件によって、参加者に届く音声が途切れ途切れになったり、デジタルボイスになってしまったりするので、できる限り良い接続環境で開催してください。スマートフォンのテザリングよりは、安定したWi-Fiの無線環境やケーブル接続の方が望ましいです。

勉強会中の参加者のミュート

勉強会開催中に参加者のマイクがONになっていると、さまざまな雑音が入ってくるので、ハングアウトの画面からマイクアイコンをクリックしてOFF(ミュート)にしてもらう案内をしましょう。

参加者のパソコン不具合

勉強会参加者のパソコンで、マイクやカメラに繋がらないなどの問題は必ず発生するので、開催時間より早めに参加してもらいましょう。音声が通じない場合は、チャット機能も付いているので、テキストメッセージでフォローも可能です。

音声のハウリング

パソコンとモニターやマイクなどを接続していると、複数の音声入力を同時に拾ってしまい、キーンというハウリング音を発生してしまう場合があります。その時は、どれかの音声入力をゼロにして下さい。

音声入力用のマイク

ノートパソコンの音声入力機能は、参加者側に届く音が遠くなってしまい、会話や音声が聞き取りにくくなるので、マイク機能が付いたイヤホンをパソコンに接続して使いましょう。身近なものですと、iPhoneのイヤホンにマイク機能が付いているので、Webセミナーで十分に使うことができます。

当サイトでWebセミナー告知

当サイトでは、無料で薬剤師向け勉強会やイベントを告知することができます。ページ上部にあるイベント作成ボタンからFacebookアカウントでログインして作成してください。

Pharmet編集部

薬剤師お役立ちコラム

スキル向上のため薬剤師勉強会やセミナーを開催してみよう!

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

WebセミナーやWeb勉強会を開催したい方に向けて、無料でビデオ通話ができるツール「Googleハングアウト」の使い方についてご案内します。当サイトでは、Webセミナーと呼んでいますが、その他の呼び方として「オンラインセミナー」「ウェビナー」とも呼ばれます。Webセミナーのツールは、オンラインミーティングにも代用できるので、今後のIT化や遠隔服薬指導などに向けて学んでいくべきツールになります。

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

今までに開催された薬剤師の勉強会やセミナーのテーマや演題を集めてみました。テーマに沿って勉強会が進められる場合と、大まかなテーマがあり発表者側に演題内容が委ねられている勉強会もあります。集めたサンプルの中で、自分でもできそうなテーマや演題を探して勉強会開催の参考にしましょう。

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

薬剤師向けの勉強会やセミナーを開催するには、会場が必要となってきますが、勤務先の薬局に十分な広さがなかったり、勤務先の薬局と関係ないグループの勉強会の場合は、薬局を会場にするのが面倒な時もあると思います。今回は、レンタルスペースや貸し会議室などで勉強会を開催する方法についてご案内します。

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

薬剤師の勉強会やセミナーを開催するにあたって、申し込みの手間が掛かることがあります。従来は、FAXや電話連絡で申し込みをしていたのですが、Googleフォームを使えば、WEB上で簡単に申し込みページを作成することができます。勉強会やセミナーに申し込みをしたユーザーは、Googleスプレッドシートで管理できるので、個人情報の管理も最適です。

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

開催予定の薬剤師向け勉強会・セミナー・イベント

地域や患者さんのための薬剤師勉強会などに参加してみよう!

第4回 EBM勉強会 「ポリファーマシーの解消」

ポリファーマシーは薬剤師が職能を発揮することが望まれている分野のひとつです。一方で減薬を提案することには勇気が要ることも事実です。勇気を持って減薬を提案できるように、ポリファーマシーの解消についてのエビデンスを読み解き、自信を深めていきましょう。

オンライン・Webセミナー

1121
日曜日

『フォローって何をすればいいの・・・?』 ~薬剤師のやるべき業務とは?服用期間中のフォローの始め方

改正薬機法の成立、2019年4月2日の「調剤業務のあり方」の通達、2020年度診療報酬改定など、薬局業界は劇的な変化の最中にあります。 これからの薬剤師には今後、本来あるべき「薬の専門家」としての役割が求められます。 では、“本来の役割”とは何でしょうか? 薬剤師には、薬を渡すだけではなく飲んだ後も、「患者を診る」ことで患者に健康を渡すことが本来の役割になります。 しかし、それが今の現状でできるのでしょうか? 従来の業務を行いながら、新たな外来・在宅での対人業務や服用期間中フォローアップの実施は、薬剤師の時間・気力・体力を十分に確保することができず必ず行き詰まります。

オンライン・Webセミナー

1121
日曜日

薬剤師のための漢方セミナー

本プログラムは2部構成で実施します。 まず第1部では、「薬剤師が知っておくべき漢方と生薬の知識」をテーマに講義します。 漢方薬は使い方が複雑で理解しにくいと考えておられる方が多いとは思いますが、実は、生薬の働きをよく見てみると処方の「意味」が見えてきます。漢方薬の働きを漢方医学的な機序から眺めてなぜその生薬が使われているのか、それら生薬にはどのような働きがあるのかということを解説したいと思います。漢方処方の特徴を知ることで服薬指導もさらに広がり、またご自身で選ぶ時にも参考になるのではないでしょうか。 次に第2部では、「冬季・春季の養生法」をテーマに講義します。 四季折々に沿った養生法があります。今回は、日本中医学院で気功の専門家である宋海君先生に冬季・春季の養生法について、気功の考え方をベースにした心の保養、起居の調節、飲食や運動による保養、病の予防、漢方による養生、そして春先に多い花粉症の臨床および漢方療法についてお話いただきます。 なお、新型コロナウイルス感染状況によっては変更の可能性があることをご了承ください。

東京

1120
土曜日

第4回薬機法改正を踏まえた薬局薬剤師の進むべき方向性

薬機法改正により、薬剤師による継続的な服薬状況の把握及び服薬指導の義務などが法制化され、これまで以上に対人業務の重要性が求められるようになり、さらに薬剤等の使用に関する情報をほかの医療提供施設の医師等に提供する努力義務も法制化されました。また地域連携薬局、専門医療機関連携薬局と言った特定の機能を有する保険薬局の認定制度が導入されることで、大きな変化をもたらす可能性が指摘されています。今回この改正にどのように薬剤師が取り組んで行くかについて解説します。

オンライン・Webセミナー

1112
金曜日

地域包括ケアシステムにおける薬物治療学~薬剤師が実践する疾病管理~シリーズ4 前立腺がん

地域包括ケアシステムにおける薬物治療学シリーズは、エビデンスに基づく薬物治療を学び、個々の患者に適した薬学管理、疾病管理及び服薬管理について参加型形式で学習します。シリーズ4は「前立腺がん」をテーマに2回構成で学びます。前立腺がんは、前立腺に生じる上皮性悪性腫瘍で、大部分が腺房細胞由来の腺がんです。前立腺の辺縁領域に好発し、男性ホルモン依存性に増殖します。50歳以上の男性に好発し、増加傾向にある疾患です。患者さんに寄り添う支援を推進するため、標準治療を学び、薬学的管理について討議しましょう。

オンライン・Webセミナー

1111
木曜日

薬剤師のための薬局での英会話

日本に居住する外国人は既に多く、グローバル化により薬剤師として来日外国人の方々への英会話での対応も必要になります。異国での突然の体調不良や怪我などは不安になるものです。今回の2回にわたるレッスンでは、2020年度に開催したレッスンの復習も含み、さらに発展したレッスンを行います。もちろん初めての参加の方でも対応できる内容です。今回もプロの英語講師をお迎えして前回の復習から幅広いレベルに対応した英会話レッスンを行います。

オンライン・Webセミナー

1030
土曜日

すぐに実践できる!臨床検査値を活かした処方鑑査と服薬指導 ~改正薬機法に対応するために~

2020年9月、改正薬機法が施行され、服用期間を通じた薬学的管理が義務化されました。本法の趣旨は、薬剤師に臨床薬剤師としての行動・能力を求めるものです。これからの薬剤師は副作用を含む病態の経過を予測する力が求められます。どうしたら良いか、間違いなく臨床検査値(検査値)の活用です。検査値の推移を予測し、異常値に伴う症状を患者から聴取することで、副作用の早期発見を行うことができます。さらに、患者は早く帰りたがり、医師は疑義照会を嫌うため、疑義照会に難渋することは多いと思いますが、検査値の活用はこれを一変させます。本講座では、腎機能・肝機能・電解質・血算など、基本的な検査値を症例ベースで解説します。

オンライン・Webセミナー

1030
土曜日

薬剤師業務実践講座 薬剤師が関わる褥瘡治療と症例検討

過年度の実施内容に、更に症例検討を加えました。再受講の方にもお薦めです。褥瘡の薬物治療を効果的に実践するために、薬剤師が身につける薬剤及び医療材料の基礎知識と高齢者の皮膚特性に基づく薬剤を褥瘡内に滞留させるためのスキルについて学びます。また、褥瘡モデルを用いた外用療法やベッド実習により、現場ですぐに使用できる実践的な講習を行います。褥瘡対策チームや在宅の褥瘡へどのように関わって良いのか分からない薬剤師に特にお薦めです。

オンライン・Webセミナー

1024
日曜日

薬剤師のためのフィジカルアセスメント~患者情報の収集と活用~

在宅患者の状態を把握するために必要な患者情報はどのように収集していますか? 本講座は、在宅医療の現場で患者の状態把握、薬効評価/副作用モニタリングなど、薬剤師が在宅患者を客観的に評価/判断するために有用なツールであるフィジカルアセスメントについて、その理念の理解、実技の修得、そして臨床での実践を目的とした参加型研修プログラムです。

東京

1024
日曜日

第2回がんプロフェッショナル研修会「AYA(Adolescent&Young Adult)世代のがん患者に対する薬剤師のかかわり」

日本のAYA世代におけるがん患者数は年間およそ2万人であり、がん患者全体の約2%と報告されている。近年治療成績が改善している小児がんや成人がんと比べてAYAがんは改善率が低く、この背景として、症例数が少ないため情報の蓄積が困難であること、がん種が多種多様であり希少がんの割合が多いこと、AYAがんを専門的に診療する施設が少ないこと等が挙げられる。AYAがんが抱える問題はこのような医療的側面だけに限らず、この世代特有である身体的、精神的、社会的に変化に富んだ時期であることも関わってくる。AYA世代は就学、就職、結婚、妊娠、出産など多くのライフイベントが訪れる時期に当たり、がん治療以外にも多岐にわたる悩みやニーズが存在するため、これをも支援しながら診療に当たる必要がある。AYA世代のがん治療と治療後の長期フォローアップについて実際の症例を通してその問題点や課題、当院での取り組みについて紹介する。

東京

1017
日曜日

第3回 EBM勉強会 「緩和ケア」

緩和ケアも、がん化学療法同様に注目度が高まっています。また、がん患者に限らず緩和ケアでは心不全末期患者も含まれるようになるなど、緩和ケアの概念も変わってきました。緩和ケアは個別化医療の代表ですが、これが論文やエビデンスとなるとどうなるのか、患者に当てはめる際には最も悩む分野のひとつでしょう。また客観的指標が多い循環器領域などと異なり主観的な評価が中心となるため、その評価の違いについても考えます。

  • 2021年9月26日(日) 14:00~17:00
  • 薬局共創未来人財育成機構 薬剤師生涯研修センター
  • がん・疾患 勉強会
オンライン・Webセミナー

926
日曜日

難治がんに対する免疫療法 ~患者さん自身の免疫能を高めるために~

近年、がんの治療において、免疫チェックポイント阻害療法などの免疫療法が脚光を浴びており、肺がんを含む多くのがんにおいて、免疫療法が標準治療に組み込まれている。しかし、膵がんなどいまだに免疫療法が効きにくいがんも存在する。また、難治性造血器疾患である多発性骨髄腫では免疫チェックポイント阻害薬単剤では効果が見られず臨床試験が中止された。 本講座では、最初にがん免疫療法の現況について副作用を含めて解説し、続いて患者さんのがんに対す る免疫能をさらに強化するための方策として、演者が取り組んでいる免疫賦活作用を持つ既存薬および新規薬剤の同定に関する知見について紹介する。

オンライン・Webセミナー

912
日曜日

地域包括ケアシステムにおける薬物治療学 ~薬剤師が実践する疾病管理~ シリーズ3 バセドウ病

地域包括ケアシステムにおける薬物治療学シリーズは、エビデンスに基づく薬物治療を学び、個々の患者に適した薬学管理、疾病管理及び服薬管理について参加型形式で学習します。 シリーズ3は「バセドウ病」をテーマに2回構成で学びます。

オンライン・Webセミナー

99
木曜日

医療人に求められるコミュニケーション

薬剤師として日々仕事をされている中で、患者さんや同僚、医師とのコミュニケーションに難しさを感じることはありませんか。感じるとしたら、そこには価値観が影響しているかもしれません。自分と相手の価値観が異なると、ミス・コミュニケーションや誤解が起こることがあります。また、医療人として仕事を続ける上で、しなやかで折れにくい心(レジリエンス)を持つことは重要です。自分や周りの人の強みに意識を向け、強みを活かして仕事をすると、レジリエンスが高くなると言われています。この講座では、現場でのコミュニケーションを価値観や強みという視点から一緒に見直し、患者さんや周りの人と、また自分自身と良いコミュニケーションを取るためのヒントをご紹介したいと思います。

オンライン・Webセミナー

95
日曜日

薬剤師が拓くオンライン医療の未来

我が国では急速な高齢化率の上昇による持続的な医療費の増大が見込まれていますが、こうした医療需要の増加に見合った医師数は充足しておらず、特に過疎地域医療圏や二次医療圏における医師不足は深刻です。また、人口減少に起因する企業等の生産性低下も懸念されており、健康寿命の延伸、医療へのアクセシビリティの向上や医療の高効率化、更には疾病の発症や重症化を抑止するための早期治療、継続治療の実践は重要な課題です。オンライン医療はこうした公的課題の解決策の一つですが、医師によるオンライン診療を遂行する上で、オンライン服薬指導等を介した薬剤師による臨床的介入は極めて重要な活動となります。ここでは、オンライン医療における薬剤師のタスクとその意義について考えます。

オンライン・Webセミナー

94
土曜日