Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

WebセミナーやWeb勉強会を開催したい方に向けて、無料でビデオ通話ができるツール「Googleハングアウト」の使い方についてご案内します。当サイトでは、Webセミナーと呼んでいますが、その他の呼び方として「オンラインセミナー」「ウェビナー」とも呼ばれます。Webセミナーのツールは、オンラインミーティングにも代用できるので、今後のIT化や遠隔服薬指導などに向けて学んでいくべきツールになります。

  • 2020年4月12日 作成

Googleハングアウトとは?

Googleが無料で提供している無料チャット・ビデオ通話ツールです。2020年には、Googleハングアウトが「Chat」「Meet」に分割される情報もありますが、引き続きGoogleハングアウトが使用できるので、Googleハングアウトの使い方をご紹介します。

Googleハングアウトを利用するには、「Google Chrome」と「Googleアカウント」が必要になります。お持ちでない方のため、Google ChromeのダウンロードとGoogleアカウントの登録についても記載しています。

Google Chromeのダウンロード

「Google Chrome」は、Googleハングアウトが簡単に使える無料のウェブブラウザです。デスクトップパソコンやノートパソコンにこちらのURLからダウンロードして下さい。 スマートフォンでもGoogleハングアウト用のアプリがありますが、画面サイズが小さいので、セミナーや会議に向いていません。

Google Chrome

Googleアカウントの登録

「Google Chrome」をダウンロードしてインストールしたら、次に「Googleアカウント」を登録しましょう。「Googleアカウント」は、無料で様々なGoogleのサービスを使用することができるアカウントです。Gmailやアンドロイドのスマートフォン利用者は、既に登録済みです。お持ちでない方は、こちらのURLから作成して下さい。

新規にアカウントを作成する場合、お持ちのメールアドレス(○○○@yahoo.co.jpや○○○@hotmail.co.jpなど)を登録するか、Googleのメールアドレス(○○○@gmail.com)を新規に作成することが必要になります。

Google ChromeにGoogleアカウントでログイン

「Googleアカウント」を登録できたら、「Google Chrome」を立ち上げて、何の文字でも良いのでキーワード検索してください。 検索結果の右側にログインボタンが表示されるのでクリックしてログインページに行き、ログインして下さい。

Webセミナーやオンラインミーティングのスケジュールを登録

ログイン後にログインボタンがあった場所に、ドットでできたアイコンとアカウント名のアイコンが表示されます。 ドットでできたアイコンをクリックします。すると、Googleのサービスアイコンがリストに出てきます。 その中のカレンダーアイコンをクリックします。

カレンダーが表示されたら、Webセミナーを開催したい日時でカレンダーの升目をクリックしてください。予定を登録できるポップアップが出てくるので、そのポップアップの下側にある「その他オプション」をクリックしてください。

詳細なスケジュールを登録できる画面に切り替わったら、タイトル・日時・場所・ビデオ会議・説明・ゲスト(参加者)などの各設定を登録していきます。ビデオ会議の選択項目では、必ずハングアウトを選択してください。

各項目を選択・入力すると下記のような画面になります。この状態で保存をすればハングアウトを使用できるWebセミナーのスケジュール登録ができます。

Googleハングアウトに接続

試しにGoogleハングアウトに接続してみましょう。登録されたスケジュールをクリックすると、ポップアップの中に「Hangoutsに参加」が表示されているので、それをクリックしてください。登録したスケジュールの時間以外でも、Googleハングアウトに接続することができます。

「Hangoutsに参加」をクリックするとブラウザがマイクとカメラの使用許可を求めてくるので、許可をクリックしてください。パソコンのカメラが起動して、自分が画面に映りだされます。

ハングアウト参加ボタンが出てくるので、それをクリックしてください。

参加ボタンを押すとビデオ通話画面になります。参加者がいる場合は、右下に参加メンバーが表示されます。次に、自分のパソコン画面で表示している勉強会スライドなどをビデオ通話画面に映し出しましょう。画面右上の丸ぽちマークをクリックして下さい。

画面右上の丸ぽちマークをクリックすると、メニューが出てくるので、「画面を共有」をクリックして下さい。

「あなたの全画面」か「アプリケーションウインドウ」の選択が出てくるので、自分のパソコンの共有する範囲を選択してください。Google Chromeだけを共有したい場合は、「アプリケーションウインドウ」を選択、パワーポイントなどのアプリケーションを共有したい場合は、「あなたの全画面」を選択してください。

この機能で勉強会資料などを参加者に共有することができます。アプリケーションウインドウを選択した場合は、Googleドライブに資料をアップロードして、ブラウザでその資料を開くと、参加者にも見える範囲で資料を共有することができます。

他の参加者がハングアウトに入ってくると、右下に表示されます。カメラをONに設定している場合は、顔画像が表示されます。マイクをOFFにしている場合は、マイクのアイコンに斜め線が入ります。

参加者を登録して招待

他の参加者を招待するには、スケジュールから追加登録してください。「ゲストを追加」をクリックしてメールアドレスを入力してください。スケジュールに参加者が並ぶことによって、参加人数を把握しやすくなります。招待された参加者は、参加者自身のカレンダーにスケジュールが表示されて、そこからハングアウトに接続することができるようになります。

Googleハングアウトの注意点

ハングアウト接続人数に制限がある

Googleハングアウトのビデオ通話は、最大25人までです。「G Suite」と呼ばれる有料版ですと、100人以上の接続が可能ですが、大規模な勉強会やカンファレンスでない限り、無料版で問題ないでしょう。

音声や画質はZOOMに比べて劣る

Googleハングアウトの他にも様々なツールがあり、中でも「ZOOM」がハングアウトに比べて、音声も画質も良いです。しかし、勉強会程度でそこまでの音声や画質を求められないので、Googleハングアウトで十分でしょう。

開催者のインターネット接続条件

開催者のインターネット接続条件によって、参加者に届く音声が途切れ途切れになったり、デジタルボイスになってしまったりするので、できる限り良い接続環境で開催してください。スマートフォンのテザリングよりは、安定したWi-Fiの無線環境やケーブル接続の方が望ましいです。

勉強会中の参加者のミュート

勉強会開催中に参加者のマイクがONになっていると、さまざまな雑音が入ってくるので、ハングアウトの画面からマイクアイコンをクリックしてOFF(ミュート)にしてもらう案内をしましょう。

参加者のパソコン不具合

勉強会参加者のパソコンで、マイクやカメラに繋がらないなどの問題は必ず発生するので、開催時間より早めに参加してもらいましょう。音声が通じない場合は、チャット機能も付いているので、テキストメッセージでフォローも可能です。

音声のハウリング

パソコンとモニターやマイクなどを接続していると、複数の音声入力を同時に拾ってしまい、キーンというハウリング音を発生してしまう場合があります。その時は、どれかの音声入力をゼロにして下さい。

音声入力用のマイク

ノートパソコンの音声入力機能は、参加者側に届く音が遠くなってしまい、会話や音声が聞き取りにくくなるので、マイク機能が付いたイヤホンをパソコンに接続して使いましょう。身近なものですと、iPhoneのイヤホンにマイク機能が付いているので、Webセミナーで十分に使うことができます。

当サイトでWebセミナー告知

当サイトでは、無料で薬剤師向け勉強会やイベントを告知することができます。ページ上部にあるイベント作成ボタンからFacebookアカウントでログインして作成してください。

Pharmet編集部

薬剤師お役立ちコラム

スキル向上のため薬剤師勉強会やセミナーを開催してみよう!

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

WebセミナーやWeb勉強会を開催したい方に向けて、無料でビデオ通話ができるツール「Googleハングアウト」の使い方についてご案内します。当サイトでは、Webセミナーと呼んでいますが、その他の呼び方として「オンラインセミナー」「ウェビナー」とも呼ばれます。Webセミナーのツールは、オンラインミーティングにも代用できるので、今後のIT化や遠隔服薬指導などに向けて学んでいくべきツールになります。

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

今までに開催された薬剤師の勉強会やセミナーのテーマや演題を集めてみました。テーマに沿って勉強会が進められる場合と、大まかなテーマがあり発表者側に演題内容が委ねられている勉強会もあります。集めたサンプルの中で、自分でもできそうなテーマや演題を探して勉強会開催の参考にしましょう。

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

薬剤師向けの勉強会やセミナーを開催するには、会場が必要となってきますが、勤務先の薬局に十分な広さがなかったり、勤務先の薬局と関係ないグループの勉強会の場合は、薬局を会場にするのが面倒な時もあると思います。今回は、レンタルスペースや貸し会議室などで勉強会を開催する方法についてご案内します。

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

薬剤師の勉強会やセミナーを開催するにあたって、申し込みの手間が掛かることがあります。従来は、FAXや電話連絡で申し込みをしていたのですが、Googleフォームを使えば、WEB上で簡単に申し込みページを作成することができます。勉強会やセミナーに申し込みをしたユーザーは、Googleスプレッドシートで管理できるので、個人情報の管理も最適です。

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

開催予定の薬剤師向け勉強会・セミナー・イベント

地域や患者さんのための薬剤師勉強会などに参加してみよう!

薬剤師の視点で関わる多疾患併存(マルチモビディティ)

高齢化の進行により、多疾患併存(マルチモビディティ:以下マルモ)の患者は増加しています。マルモ患者では、処方薬も増えがちであり、プライマリ・ケア薬剤師は個別性の高いケアや多職種との連携も必要となり,まさに総合力が試されます。 実際のマルモ症例に対するアプローチをカンファレンス形式で考えましょう。

オンライン・Webセミナー

710
日曜日

再考!ポリファーマシー 〜真に効果的なアプローチとは~

ポリファーマシーは高齢社会において日常的に遭遇する問題となっており、様々な介入が行われていますが、その介入効果の結果については、検討の余地があります。本セミナーでは、ポリファーマシー介入の要因やそのメカニズムを探り、真に効果的な介入対象・介入方法・アウトカムとは何かについて、一緒に考えたいと思います。

オンライン・Webセミナー

710
日曜日

高齢者の「高血圧」「糖尿病」「脂質異常」に対する忍容性をふまえたアプローチ

まず、予防医学的側面として、「診療ガイドライン」における近年の改訂内容をふまえ、「高血圧」「糖尿病」「脂質異常」に対する薬物療法の意義について述べさせていただきます。 つぎに、忍容性と多面的アウトカムをふまえた、高齢者における「高血圧」「糖尿病」「脂質異常」の治療目標ついて論じさせていただきます。 その上で、高齢者の「高血圧」「糖尿病」「脂質異常」に対する生活習慣・薬剤使用(処方)の適正化と、薬剤起因性老年症候群の防止を念頭においた、食事・運動療法を含めたアプローチについて先生方と考えることができればと考えております。

オンライン・Webセミナー

710
日曜日

漢方薬は何故複数生薬からなるか?その利点と欠点 /漢方方剤の組成から適応症を理解する

漢方薬の中には独参湯・将軍湯など、一つの生薬から成るものもあるが、基本的には生薬を組み合わせて成り立っている。生薬の組み合わせは、馬王堆漢墓から出土した五十二病方に記載があり、傷寒論以前から生薬の組み合わせが存在していたことが分かっている。桂枝湯の「湯」はスープを意味し、生薬を組み合わせることで、いく通りもの処方ができる。例えば、生薬が 5 つあれば、その組み合わせは 31 通りある。さらに、桂枝湯と桂枝加芍薬湯のように組み合わせが同じでも一つの生薬の分量が異なると違う薬効を持つことになれば、無数の処方を作ることが可能である。当日は漢方処方の組み合わせの妙につき、お話したい。

オンライン・Webセミナー

79
土曜日

高齢者のメンタルヘルスと薬物療法

高齢者には不眠症、うつ病、妄想症(遅発性パラフレニー)、不安障害、認知症、せん妄など様々な精神神経疾患がみられる。各疾患や症状で治療薬は異なるものの、1.非薬物的対応の優先、2.安全性に配慮した薬物療法という点で共通している。薬物療法に際して参考となる「高齢者の安全なガイドライン2015(日本老年医学会)」や「高齢者の医薬品適正使用の指針(厚生労働省)」などのガイドラインや指針の作成に携わられた水上勝義先生に、各疾患に対する薬物療法についてお話いただく。

オンライン・Webセミナー

626
日曜日

「口腔に関する理解を深めよう 〜薬局窓口で患者さんにお口についてのワンポイント アドバイスをするために〜/薬剤師がおさえておくべき薬剤性口腔内トラブルと対応」

超高齢化社会を見越して薬剤師にはこれまでの薬学的管理・指導のみならず、医療機関に通院していない国民に対しての健康サポート機能をも担うことが求められるようになってきました。薬局を訪れた患者さんに薬剤の口腔への影響のみならず、口腔ケア、口腔の疾患、口腔と全身疾患の関 係などを指導し、必要時に歯科受診を勧奨することはその1つとなります。今回は患者さんにアドバイスをするための基礎となる①口腔や歯について②口腔ケア用品について③全身に影響する口腔疾患について④薬剤による口腔への影響について概説します。明日からの臨床の場でのワンポイントアドバイスのために役立てていただければ幸いです。

オンライン・Webセミナー

625
土曜日

薬学エキスパートコース「わかりやすい臨床統計講座」第3回

本講座では患者の健康や薬物治療の向上につながる研究を計画する上で必要な臨床統計を実践的に学ぶことができます。薬剤師の貢献度を数値化して経営サイドにアピールしたり、学会発表や論文投稿につなげる試みを支援します。 また、臨床試験デザインの考え方をわかりやすく学ぶことができますので、企業や行政の方の参加も歓迎いたします。

オンライン・Webセミナー

625
土曜日

第1回がんプロフェッショナル研修会 「小児がん長期フォローアップと移行期支援/薬剤師ができる小児がんサポートの可能性」

小児がんは希少疾患の集合で、医療者は様々な治療プロトコールを用い、年齢・体格や、成長・発達が大きく異なる患者に対応する。疾患治癒後のサバイバーには、成長発達期のがんの罹患とがん治療による慢性健康障害リスクがあり、それぞれの身体状況や成長発達・成熟・加齢に応じ、医療・心理社会的問題への配慮が必要になる。小児がんサバイバーが、腫瘍治療急性期から慢性期、小児医療から成人医療へと移行するにあたり、晩期合併症リスクにあわせた自己健康管理と医療・支援が受けられるよう、複数の専門家や多職種で連携しサポートすることが重要である。

オンライン・Webセミナー

619
日曜日

薬学エキスパートコース「わかりやすい臨床統計講座」第2回

本講座では患者の健康や薬物治療の向上につながる研究を計画する上で必要な臨床統計を実践的に学ぶことができます。薬剤師の貢献度を数値化して経営サイドにアピールしたり、学会発表や論文投稿につなげる試みを支援します。 また、臨床試験デザインの考え方をわかりやすく学ぶことができますので、企業や行政の方の参加も歓迎いたします。

オンライン・Webセミナー

618
土曜日

[臨床推論]薬剤師スキルアップ講座 第1回 プロブレムリスト

臨床症状、各種検査値、バイタルサインなどを正しく解釈し、異常値などからプロブレムリストを作成し評価するスキルを身につけます。 臨床推論は薬剤師スキルアップ講座の1つであり、「臨床推論」について経験豊富な医師・薬剤師を講師として招聘し、「臨床推論」を実践中の薬剤師のチューターと、受講者がともに学ぶなかで、臨床で実際に使える考え方を身に付けることを目的としています。 超高齢化社会を迎える日本にあって、薬剤師が果たすべき役割が変化し、増加しています。今後、薬局では適切な知識を持って患者さんのセルフケア・セルフメディケーションをサポートする場面が多くなり、病院ではチーム医療の一員として議論するために患者さんの病状について判断することが必要となります。臨床推論は、薬局窓口、在宅や病院ベッドサイドにおいて患者から何を聞くべきかを判断できる有効なツールであり、医師や多職種とのコミュニケーションを円滑にするために必要な知識です。多くの薬剤師が臨床推論を学び、臨床場面で患者の病状や病態から薬剤師として何を考えるか判断するためのツールとして活用できることを期待します。ともに薬剤師の新しい課題を乗り越えましょう。

オンライン・Webセミナー

612
日曜日

薬学ベーシックコース「薬物治療アップトゥデート講座⑦」

本講座は、がん緩和医療をとりあげます。第1部では、放射線治療などのがん治療がもたらす生体内の酸化ストレスについて、物理学の視点からお話します。第2部では、がん治療に伴う副作用として生じるがん関連疲労とその対策についてお話します。

オンライン・Webセミナー

64
土曜日

薬剤師だから気付くフィジカルアセスメント推論力 ~服薬後のMy患者に責任を持つために~ 第二回目

バイタルサイン収集手技習得、アセスメント実技実習、活用実例紹介により、明日からの実践に繋げます。講師に医師、看護師、薬剤師(病院、薬局)、救急救命士を迎え、薬剤師としてのアセスメントの重要性を多職種の中で実感していただきます。事前に配信する動画を視聴し、目標設定したうえでご参加ください(年2回開催、同内容)。同内容で4月(第1回)と5月(第2回)に開催します。

京都

529
日曜日

モノからヒトへの挑戦~患者のための薬学的介入の実践~

かかりつけ薬剤師・薬局の推進、対物から対人への業務シフト、調剤後の継続的な服薬状況の把握・指導の義務化、認定薬局制度の施行など、薬剤師の業務は大きく変化しています。 今年度は、これからの薬剤師に必須の臨床実践能力や高い専門性の獲得・向上を目標に、薬学専門基礎知識を臨床に繋げた講座を「痒み」「ダウン症」「亜鉛」の3つのテーマで開講します。

京都

522
日曜日

わかりやすい臨床統計講座 第1回

本講座では患者の健康や薬物治療の向上につながる研究を計画する上で必要な臨床統計を実践的に学ぶことができます。薬剤師の貢献度を数値化して経営サイドにアピールしたり、学会発表や論文投稿につなげる試みを支援します。 また、臨床試験デザインの考え方をわかりやすく学ぶことができますので、企業や行政の方の参加も歓迎いたします。(全6回シリーズ)

オンライン・Webセミナー

57
土曜日

薬剤師だから気付くフィジカルアセスメント推論力 ~服薬後のMy患者に責任を持つために~

バイタルサイン収集手技習得、アセスメント実技実習、活用実例紹介により、明日からの実践に繋げます。講師に医師、看護師、薬剤師(病院、薬局)、救急救命士を迎え、薬剤師としてのアセスメントの重要性を多職種の中で実感していただきます。事前に配信する動画を視聴し、目標設定したうえでご参加ください(年2回開催、同内容)。

京都

417
日曜日