1. ホーム
  2. 「薬局・薬剤師」に関する勉強会・セミナー・イベント
  3. 2020年度薬価・調剤報酬改定の全容と対策

2020年度薬価・調剤報酬改定の全容と対策

概要

2020年度調剤報酬改定は、昨年末に公布された改正薬機法と相まって薬局業務の転換を促す内容となる。これは2015年に公表された「患者のための薬局ビジョン」の具現化を図る集大成の意味合いがある。 対物業務の象徴とも言える調剤料は合理化され、調剤基本料も厳しい要件が設定される。一方、「対人業務」の充実を促す薬学管理料は、調剤料等の減額をカバーするまでには至らない。薬局はこれまでのビジネススタイルからの脱却が急務となる。

日時

2020年2月25日(火) 13:00~17:00

開催エリア

東京

会場

AP浜松町

主催者

新社会システム総合研究所

掲載元URL

http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20114.html

内容

Ⅰ. 2020年度調剤報酬改定を読み解く
【13:00~14:30】

医療ジャーナリスト
一般社団法人次世代薬局研究会2025 代表理事 藤田 道男氏

2020年度調剤報酬改定は、昨年末に公布された改正薬機法と相まって薬局業務の転換を促す内容となる。
これは2015年に公表された「患者のための薬局ビジョン」の具現化を図る集大成の意味合いがある。
対物業務の象徴とも言える調剤料は合理化され、調剤基本料も厳しい要件が設定される。
一方、「対人業務」の充実を促す薬学管理料は、調剤料等の減額をカバーするまでには至らない。
薬局はこれまでのビジネススタイルからの脱却が急務となる。

1.2020年度診療報酬改定の概要
2.調剤報酬改定の内容
(1)調剤料
(2)調剤基本料
(3)各種加算
(4)薬学管理料
(5)在宅関連
(6)薬局関連医科点数
3.薬価改定の概要と薬局への影響
4.薬機法改正と調剤報酬改定の関連性
5.2020年度調剤報酬改定の対応
6.2025年に向けた業務改革の必要性

Ⅱ.2020年度改定による医療機関の動向と保険薬局に求められる役割
【14:35~15:45】

株式会社メデュアクト 代表取締役 流石 学氏

次期診療報酬改定では、薬局や薬剤師の業務に対する評価の見直し、医薬品の適正使用推進が具体的方向性と
して示されています。従来より求められる対人業務に加えて、薬薬連携など、医療機関が薬局に求める役割も
変化していくことが予想されます。
医科、調剤それぞれの改定動向から、これから薬局が応えていくべきポイントを検討していきます。

1.薬剤師、医薬品関連の診療報酬改定の動向
2.病院でいま何が起きているのか
3.医療機関の動きと保険薬局への影響
4.対人業務と薬薬連携
5.医療機関が保険薬局に期待すること

Ⅲ. 2020年度調剤報酬改定とこれからの薬局経営
【15:50~17:00】

株式会社船井総合研究所 ヘルスケア支援部 医療グループ
チーフ経営コンサルタント 清水 洋一氏

調剤基本料の見直し・調剤料の更なる減算となる2020年度調剤報酬改定。
患者のための薬局ビジョンで示された「対物業務から対人業務へ」の移行が、18年改定よりも色濃くなる
改定となりました。
もういい加減、試験前の予想問題を探るような行為に終止符を打ち、薬局を基点としたその地域で、どんな
医療・介護資源が不足しているか?また、患者さまは何を求めているのか?という観点での薬局経営に
切り替える必要があるのではないでしょうか。
本講義では、これからの薬局経営のあり方を具体的にお伝えします。

1.2018年調剤報酬改定からの薬局の動向
2.2020年調剤報酬改定の骨子(概要)
3.生産性アップを考える
4.薬局の成長3要素
(1)市場成長
(2)M&A
(3)シェアUP
5.薬局版「424再編リスト」が現実のものに?!

  • 掲載されるイベント情報は、当サイトは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。掲載元URL先のページを必ずご確認ください。

「薬局・薬剤師」に関する開催予定の薬剤師向け勉強会・セミナー・イベント

地域や患者さんのための勉強会などに参加してみよう!

医療人に求められるコミュニケーション

薬剤師として日々仕事をされている中で、患者さんや同僚、医師とのコミュニケーションに難しさを感じることはありませんか。感じるとしたら、そこには価値観が影響しているかもしれません。自分と相手の価値観が異なると、ミス・コミュニケーションや誤解が起こることがあります。また、医療人として仕事を続ける上で、しなやかで折れにくい心(レジリエンス)を持つことは重要です。自分や周りの人の強みに意識を向け、強みを活かして仕事をすると、レジリエンスが高くなると言われています。この講座では、現場でのコミュニケーションを価値観や強みという視点から一緒に見直し、患者さんや周りの人と、また自分自身と良いコミュニケーションを取るためのヒントをご紹介したいと思います。

オンライン・Webセミナー

95
水曜日

薬剤師が拓くオンライン医療の未来

我が国では急速な高齢化率の上昇による持続的な医療費の増大が見込まれていますが、こうした医療需要の増加に見合った医師数は充足しておらず、特に過疎地域医療圏や二次医療圏における医師不足は深刻です。また、人口減少に起因する企業等の生産性低下も懸念されており、健康寿命の延伸、医療へのアクセシビリティの向上や医療の高効率化、更には疾病の発症や重症化を抑止するための早期治療、継続治療の実践は重要な課題です。オンライン医療はこうした公的課題の解決策の一つですが、医師によるオンライン診療を遂行する上で、オンライン服薬指導等を介した薬剤師による臨床的介入は極めて重要な活動となります。ここでは、オンライン医療における薬剤師のタスクとその意義について考えます。

オンライン・Webセミナー

94
水曜日

病態を臨床検査値から読み解く

臨床検査医学では、臨床検査値から患者様の病態を推測するために検討することをRCPC(Reversed Clinico-pathological Conference)といいます。入院時のルーチン検査やその後の検査値の推移により、病態の把握をすることが診断や治療効果の判断に非常に有効です。基本的な検査項目から特殊検査まで、複数の検査値を組合せたデータの読み方、解釈について、RCPCの入門編として丁寧に解説をいたします。

オンライン・Webセミナー

730
水曜日

グローバルな視点で医療を考えよう!

「誰一人取り残さない(leave no one behind)」を誓って、持続可能な開発目標(SDGs)が2015年9月 の国連サミットで採択されました。価値観や文化の違いを認め合い、誰もが安心して生きられる社会のなかで、医療はどのように取り組み関わっていけばよいのでしょう。 今回は、福祉国家フィンランドの社会と医療から誰もが活躍できるダイバシティをとりいれた社会について森屋淳子先生より、タイのモデルからSDH(健康社会的決定要因)についてグローバルな視点で武田先生より、ご講演いただき医療を考えます。

オンライン・Webセミナー

711
金曜日

挑戦!論文執筆に向けた調査研究 ~研究報告という“着地点”からみた調査研究~

調査をしたら、その後必ず行うのが“報告”。報告書や論文などといった形で社会に成果を還元するまでが研究ですよね。今回は、日頃調査研究論文の執筆サポートをしたり、論文の査読に携わったりする者の視点から、主に質問紙調査の実施・分析・報告に焦点を当ててお話します。調査研究の実施や報告の基本的な対応方法やトラブル対処法などについて、参加者同士で学びを深めていきましょう。

オンライン・Webセミナー

620
金曜日

薬剤師お役立ちコラム

スキル向上のため薬剤師勉強会やセミナーを開催してみよう!

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

WebセミナーやWeb勉強会を開催したい方に向けて、無料でビデオ通話ができるツール「Googleハングアウト」の使い方についてご案内します。当サイトでは、Webセミナーと呼んでいますが、その他の呼び方として「オンラインセミナー」「ウェビナー」とも呼ばれます。Webセミナーのツールは、オンラインミーティングにも代用できるので、今後のIT化や遠隔服薬指導などに向けて学んでいくべきツールになります。

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

今までに開催された薬剤師の勉強会やセミナーのテーマや演題を集めてみました。テーマに沿って勉強会が進められる場合と、大まかなテーマがあり発表者側に演題内容が委ねられている勉強会もあります。集めたサンプルの中で、自分でもできそうなテーマや演題を探して勉強会開催の参考にしましょう。

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

薬剤師向けの勉強会やセミナーを開催するには、会場が必要となってきますが、勤務先の薬局に十分な広さがなかったり、勤務先の薬局と関係ないグループの勉強会の場合は、薬局を会場にするのが面倒な時もあると思います。今回は、レンタルスペースや貸し会議室などで勉強会を開催する方法についてご案内します。

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

薬剤師の勉強会やセミナーを開催するにあたって、申し込みの手間が掛かることがあります。従来は、FAXや電話連絡で申し込みをしていたのですが、Googleフォームを使えば、WEB上で簡単に申し込みページを作成することができます。勉強会やセミナーに申し込みをしたユーザーは、Googleスプレッドシートで管理できるので、個人情報の管理も最適です。

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する