1. ホーム
  2. 「薬局・薬剤師」に関する勉強会・セミナー・イベント
  3. RMPの基礎と実践~RMPを活用しよう

RMPの基礎と実践~RMPを活用しよう

概要

RMPをご存知でしょうか?RMPとは「医薬品リスク管理計画」(Risk Management Plan)を意味し、個々の医薬品ごとに作成される、市販後に医薬品のリスクを適正に管理するための方策が書かれた計画書のことです。RMPが作成・公表され始めてから6年余りが経ちますが、医療現場からは「どのように使ったらよいの?」、「添付文書とは何が違うの?」といった声も聞かれます。本セミナーでは、医療従事者によるRMPのより積極的な活用を目指して、RMPに関する基礎と実践に関する講義を行います。

日時

2020年1月18日(土) 14:30~17:45

開催エリア

東京

会場

白金キャンパス 薬学部1号館1501大講義室(予定)

主催者

北里大学薬学部生涯学習センター

掲載元URL

http://www.yakuyu-kai.com/kyouikuGuide.html

内容

講義1:「患者の意思決定を支援し、医療現場で生かすため」 (14:30~16:00)
講師: 鈴木 央 先生 (鈴木内科医院 院長)
近年、人生の最終段階における意思決定プロセスのガイドラインが改訂され、診療報酬の要件となり、チームとしてアドバンス・ケア・プランニング(ACP:愛称「人生会議」)を支援することが重要視されています。しかし、このアドバンス・ケア・プランニングを行う上では、医療倫理を避けて通ることができず、医学的最善が、必ずしも患者の最善ではない場合も生じえるのです。さらに、患者に人生の最終段階にきていることを伝えることも簡単なことではありません。そこには必ず患者にとってダメージになる可能性が含まれています。ダメージを最小限にして、患者にそのことを伝えるにはどうしたらよいのでしょうか。〝SPIKES“という技法を用いた、筆者の臨床上の工夫、どのように患者を支援し意思決定を引き出していくのか、参加者とともに考えてみたいと思います。

講義2:「薬剤師が関わるACP」 (16:15~17:45)
講師: 高橋 眞生 先生 (カネマタ薬局代表取締役)
在宅訪問において薬剤師が関わることで、適切な薬剤の供給と服薬コンプライアンスを向上することが可能となります。また近年の医療制度の変革から、急性期の患者の早期退院を求められ、様々な医療機器や材料を使用しながらの在宅療養がおこなわれています。いままで病院でしか供給できなかった機器や薬剤が、在宅で使用されることも徐々に増え、その供給・取扱い・メンテナンスも薬剤師の業務の一部となっており、病院薬剤師とも連携して在宅訪問を実施しています。

いままで多くの在宅患者と関わってきましたが、自宅で最後まですごすということを拒否した患者には、出会ったことがありません。終末期にどうしたいかをご本人がお元気なうちに、家族を交えて話し合っておくことは有効で、在宅医療に関わるもの(医師・看護師・ケアマネージャーなど)が共通認識を持つことができます。ACPは新しい言葉ですが、どのように在宅で最後まで過ごしていただくか、共通の認識をもってやってきたことをACPと言っているのではないでしょうか。

終末期において薬剤師ができることは、医師の指示のもと痛みや精神負担軽減の薬剤を調べ、適切なものを最低限供給すること、緊急時への体制を十分に整えること、ご家族のサポートぐらいです。薬局では、ガン末期でのTPN、シリンジポンプやバルーンでの注射薬モルヒネ使用の薬剤を供給してきました。患者の体調にターニングポイントがあること、苦痛のない終末を迎えていただくこと、ご家族へのサポートなどの事例も紹介しながら皆さんと共有したいと思います。

また薬剤師ならではの業務に、お亡くなりになってからの薬剤の回収という業務があります。その時に、看取られたキーパーソンの方と本人の前では言えなかった言葉を吐き出してもらう、そこまでが薬剤師の使命だと思っています。

  • 掲載されるイベント情報は、当サイトは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。掲載元URL先のページを必ずご確認ください。

「薬局・薬剤師」に関する開催予定の薬剤師向け勉強会・セミナー・イベント

地域や患者さんのための勉強会などに参加してみよう!

『フォローって何をすればいいの・・・?』 ~薬剤師のやるべき業務とは?服用期間中のフォローの始め方

改正薬機法の成立、2019年4月2日の「調剤業務のあり方」の通達、2020年度診療報酬改定など、薬局業界は劇的な変化の最中にあります。 これからの薬剤師には今後、本来あるべき「薬の専門家」としての役割が求められます。 では、“本来の役割”とは何でしょうか? 薬剤師には、薬を渡すだけではなく飲んだ後も、「患者を診る」ことで患者に健康を渡すことが本来の役割になります。 しかし、それが今の現状でできるのでしょうか? 従来の業務を行いながら、新たな外来・在宅での対人業務や服用期間中フォローアップの実施は、薬剤師の時間・気力・体力を十分に確保することができず必ず行き詰まります。

オンライン・Webセミナー

1121
水曜日

第4回 EBM勉強会 「ポリファーマシーの解消」

ポリファーマシーは薬剤師が職能を発揮することが望まれている分野のひとつです。一方で減薬を提案することには勇気が要ることも事実です。勇気を持って減薬を提案できるように、ポリファーマシーの解消についてのエビデンスを読み解き、自信を深めていきましょう。

オンライン・Webセミナー

1121
水曜日

第4回薬機法改正を踏まえた薬局薬剤師の進むべき方向性

薬機法改正により、薬剤師による継続的な服薬状況の把握及び服薬指導の義務などが法制化され、これまで以上に対人業務の重要性が求められるようになり、さらに薬剤等の使用に関する情報をほかの医療提供施設の医師等に提供する努力義務も法制化されました。また地域連携薬局、専門医療機関連携薬局と言った特定の機能を有する保険薬局の認定制度が導入されることで、大きな変化をもたらす可能性が指摘されています。今回この改正にどのように薬剤師が取り組んで行くかについて解説します。

オンライン・Webセミナー

1112
土曜日

薬剤師のための薬局での英会話

日本に居住する外国人は既に多く、グローバル化により薬剤師として来日外国人の方々への英会話での対応も必要になります。異国での突然の体調不良や怪我などは不安になるものです。今回の2回にわたるレッスンでは、2020年度に開催したレッスンの復習も含み、さらに発展したレッスンを行います。もちろん初めての参加の方でも対応できる内容です。今回もプロの英語講師をお迎えして前回の復習から幅広いレベルに対応した英会話レッスンを行います。

オンライン・Webセミナー

1030
土曜日

すぐに実践できる!臨床検査値を活かした処方鑑査と服薬指導 ~改正薬機法に対応するために~

2020年9月、改正薬機法が施行され、服用期間を通じた薬学的管理が義務化されました。本法の趣旨は、薬剤師に臨床薬剤師としての行動・能力を求めるものです。これからの薬剤師は副作用を含む病態の経過を予測する力が求められます。どうしたら良いか、間違いなく臨床検査値(検査値)の活用です。検査値の推移を予測し、異常値に伴う症状を患者から聴取することで、副作用の早期発見を行うことができます。さらに、患者は早く帰りたがり、医師は疑義照会を嫌うため、疑義照会に難渋することは多いと思いますが、検査値の活用はこれを一変させます。本講座では、腎機能・肝機能・電解質・血算など、基本的な検査値を症例ベースで解説します。

オンライン・Webセミナー

1030
土曜日

薬剤師お役立ちコラム

スキル向上のため薬剤師勉強会やセミナーを開催してみよう!

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

WebセミナーやWeb勉強会を開催したい方に向けて、無料でビデオ通話ができるツール「Googleハングアウト」の使い方についてご案内します。当サイトでは、Webセミナーと呼んでいますが、その他の呼び方として「オンラインセミナー」「ウェビナー」とも呼ばれます。Webセミナーのツールは、オンラインミーティングにも代用できるので、今後のIT化や遠隔服薬指導などに向けて学んでいくべきツールになります。

Webセミナーを開催するためのツール「Googleハングアウト」

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

今までに開催された薬剤師の勉強会やセミナーのテーマや演題を集めてみました。テーマに沿って勉強会が進められる場合と、大まかなテーマがあり発表者側に演題内容が委ねられている勉強会もあります。集めたサンプルの中で、自分でもできそうなテーマや演題を探して勉強会開催の参考にしましょう。

薬剤師向け勉強会やセミナーのテーマサンプル集

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

薬剤師向けの勉強会やセミナーを開催するには、会場が必要となってきますが、勤務先の薬局に十分な広さがなかったり、勤務先の薬局と関係ないグループの勉強会の場合は、薬局を会場にするのが面倒な時もあると思います。今回は、レンタルスペースや貸し会議室などで勉強会を開催する方法についてご案内します。

薬剤師向け勉強会やセミナーの会場をレンタルスペースや貸し会議室で探す

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する

薬剤師の勉強会やセミナーを開催するにあたって、申し込みの手間が掛かることがあります。従来は、FAXや電話連絡で申し込みをしていたのですが、Googleフォームを使えば、WEB上で簡単に申し込みページを作成することができます。勉強会やセミナーに申し込みをしたユーザーは、Googleスプレッドシートで管理できるので、個人情報の管理も最適です。

Googleフォームで薬剤師向け勉強会の申し込みページを作成する